The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

News

ニュース

ボランティアプレゼンコンテスト2021 結果レポート

ボランティアプレゼンコンテスト2021 結果レポート

WAVOC主催のボランティアプレゼンコンテスト2021が5/16(予選)と5/28(決勝)にオンラインにて
開催されました。
入賞した団体のプレゼン内容と動画をお届けします。

今回のプレゼンコンテストのテーマ
『キミたちは何故ボランティアをするのか?』

ボランティアプレゼンコンテストの詳しい実施要項に関してはこちらをご覧ください。

 

【第一位】無国籍ネットワークユース(観客賞も受賞)

「この世界ではみんながいろいろな色のスカーフをしています。あかりは赤いスカーフ、マイケルは
青いスカーフ…」
そんな物語から始まった無国籍ネットワークユースの発表は、演出力と演技力で引き込まれました。コロナ禍における活動の説明も分かりやすく、あっという間のプレゼンでした。
結果は予選9位からの逆転優勝!おめでとうございます!

無国籍ネットワークユースのプレゼン動画はこちら↑

【活動内容】
無国籍ネットワークユースは、無国籍の方に寄り添いながら無国籍者を支援している団体です。無国籍の方に寄り添い、彼・彼女らの悩みを真摯に受け止め、国籍の有無で差別されることがない社会を築きたいという思いから、発足しました。(無国籍ネットワークユース公式HPより)コロナの中でも、オンラインにて「学ぶ」「伝える」「寄り添う」の3つの軸でバランスよく活動を行いました。具体的には、サークルでの輪読会、6回のオンラインセミナー、絵本作成、日本に住む無国籍の子供への教育支援をしています。

 

【第二位】BAM部

「自分が熱意をもって、できることはなんでもやる」
その言葉通り、身近な地域の課題を地域も巻き込みながら、あらゆる活動をしていました。竹林の整備のみならず、農地を借りたり、竹を利用した商品を作ったり…、活動の範囲・規模の大きさに驚きました。今後の活動についても紹介されており、将来の展開がとても楽しみです。

BAM部のプレゼン動画はこちら↑

【活動内容】
BAM部は早稲田大学のメンバーを中心に活動を行う、地方創生インカレサークルです。現在 は地方で大きな社会課題となっている「放置竹林問題」に対処するため、竹林整備を学 生の力で行い、伐採した竹の利活用を通して持続可能なサイクルで放置竹林問題の解決 を目指しています。今後は竹を利用した商品の開発やマーケティング、子どもたちへ竹の工作教室を通じた環境教育にも力を入れたいと考えています。また、放置竹林問題の他にも 空き家、過疎化、農業に関する問題など地方の様々な課題にも活動の幅を広げたいと考えています。

 

【第三位】早稲田大学 POST

早稲田大学POSTのプレゼン動画はこちら↑

「つながり」の大切さについてエピソードをふまえたプレゼン内容でした。なぜボランティアをするのか、というテーマに対して、シンプルかつストレートに自分の思いを伝えています。一つ一つのセンテンスから熱い想いが伝わってくる、心に響くプレゼンテーションでした!

【活動内容】
「ボランティアしてみたいけど、具体的に何がしたいかわからない…」「いろんなボランティアに挑戦してみたい」などなど考え中のそこのあなた!そんなあなたにはPOSTがオススメです!POSTに入るとボランティアを通して、下は小学生から上は90近くのおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い世代の方達と交流できます。さらに、夏休みには農業体験をすることもできます!飲み会をしたり、ディズニーに行ったり、春合宿をするなどの遊びも充実!雰囲気の良さはボランティアサークルの中で一番の自信アリ!ぜひ見学にいらしてください!

 

【第四位】いすみっこ千葉@早稲田

予選では手作りの紙芝居を使い、本選ではいすみハッピを着て一人芝居を行い、パワーアップした発表を見ることができました。地域との繋がりやサークル連携などの取り組みがよく分かり、「楽しみと好きを伝える」というコンセプトの通り、いすみのすばらしさが伝わってきました!

いすみっこ千葉@早稲田のプレゼン動画はこちら↑

【活動内容】
いすみっこは、タコやイセエビなどの海の幸や梨などの果物をはじめとした美味しいグルメに溢れている千葉県いすみ市で活動する団体です!現在は以下のプロジェクトが進行中ですが、皆さんの「やりたいことができる!」団体です。
➀中学⽣向けオンライン塾「ニュートンのめがね」の開催
➁狩猟のリアルを伝える!「狩猟カードゲーム」の作成
➂いすみの商店街を盛り上げる!「椎木商店街esports-Bar」の出店
④中学⽣の授業サポート「房総すごい人図鑑」
コロナ禍の中でも毎週MTGを行い、実際に日帰りで現地活動を続けてきた実績のある団体です。

 

【その他入賞団体】

第5位 チャータースクールへの教育支援~ハワイ編~
第6位 早稲田大学気仙沼チーム

【2021年度出場団体】

1 ラオス学校建設教育支援プロジェクト〜スーン〜
2 無国籍ネットワークユース
3 アトム通貨実行委員会
4 BAM部
5 早稲田大学気仙沼チーム
6 海士ブータンプロジェクト
7 チャータースクールへの教育支援~ハワイ編~
8 思惟の森の会
9 三陸つばき
10 早稲田大学POST
11 難民交流プロジェクト
12 新宿子ども会KIDS
13 学生応援村
14 まつだい早稲田じょんのびクラブ
15 いすみっこ千葉@早稲田

来年度のWAVOCボランティアプレゼンコンテスト2022もご期待ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる