The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

WAVOC主催オンラインセミナー 「コロナ禍を生きる社会問題、コロナ禍でやるボランティア」

第3回「ホームレス」

2020年10月17日(土) 13:00-14:30
二文字屋脩

  • ゲスト・モデレータのご紹介
ゲストスピーカー:清野賢司さん(NPO法人TENOHASI事務局長)

都内中学校の社会科教員として働いていたところ、2002年に東京都東村山市で起きた中学生によるホームレス暴行死事件に衝撃を覚え、2004年から総合学習で「ホームレス」問題の授業を行う。2017年に退職し、NPO法人TENOHASI事務局長としてホームレス支援活動を開始する。

モデレーター:二文字屋脩(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター講師)

専門は社会人類学。研究対象は少数民族ムラブリ(タイ)とホームレス(日本)。現在はそれぞれの人類学的研究を進めつつ、「ボランティア×人類学」のあり方を模索しながら、人類学の知見を応用したボランティア教育を実践している。担当する早稲田ボランティアプロジェクトは、「もりびとプロジェクト:ムラブリに学ぶ、世界の始まり」と「トーキョーサバイバー」

  • 要旨

新型コロナウイルスの感染拡大により、日本の社会基盤の脆弱性が図らずも露わになった。とくに懸念されるのは、失業による生活困窮者の増大である。実際、企業の経営破綻や休廃業がみられ、解雇や雇い止めにあった人の数は見込みも含めて約8万人とも言われる。そしてコロナの終息時期がまだ見えない現状では、この数はさらに増加することが予想される。

もちろん、たとえ失業しても再就職が十分に可能な状況であれば大きな問題にはならない。しかし「失われた30年」ともいわれる経済の低迷にさらなる拍車をかけることになったコロナ禍により、再就職は容易なことではなく、貯金などを切り崩しては何とか生活を維持している個人や世帯が増えている。こうした状況は、ホームレス支援の現場にも大きな変化をもたらしている。実際、路上生活者(≒ホームレス)を主な対象に支援活動を行なってきた諸団体の報告では、コロナ禍によって従来では見られなかった層の人たち(若年層、女性、ひとり親家庭、外国人など)が支援を求めていることが明らかになってきている。

こうした状況を受け、本セミナーでは池袋を中心にホームレス支援を行っているNPO法人TENOHASIの事務局長である清野賢司さんを招き、ホームレス支援の最前線とその現状について報告していただいた。また、清野さんの報告を受け、私たちはどのようなことができるのかについて参加者とともに考える時間をもった。

清野さんの報告から見えてきたのは、支援現場の窮状であり、ホームレスをはじめとする生活困窮者に対する社会福祉制度の不備や欠陥である。前者に関してはとくに、支援を求める人の数が増加しているものの、感染予防をしつつ支援活動を円滑に行う必要があり、活動も大きく制限もされているとの報告だった。例えば炊き出し(食事の無償提供)では、以前は温かな食事を提供できたものの、密を避けるために弁当に変更したという。
また、以前のようにボランティアを募ることはできないため、ボランティアの人数制限をしているとのことだった。一方、後者に関しては、生活保護受給や再就職の難しさなどについて、清野さん自身の経験から報告をいただいた。

こうした報告を受け、本セミナーでは参加者からの質問を募り、現状を踏まえた支援の可能性について話し合われた。常に流動的な状況下では「答え」はそう簡単に出るものではないが、正確な現状認識をもち、そしてそれを家族や友人などと共有することを通して、多様な人々にとって住みやすい社会とは何かを考え続けていくことが、私たち一人ひとりに課せられた使命であることが強く認識された。

<セミナーレポート(テキスト)>
https://www.waseda.jp/inst/wavoc/assets/uploads/2021/03/c072fa99d885d7ef280155bd668331a2-1.pdf

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる