The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

もりびとプロジェクト

「黄色い葉の精霊」とも呼ばれるムラブリ。彼らは長い間、動物を狩猟し、植物を採集して森で暮らしてきた。彼らが話す言葉には「ありがとう」や「ごめんなさい」がない。そんな彼らは今、近代化と開発の暴力が荒れ狂う時代を生きている。
このプロジェクトは、さまざまな少数民族が暮らすタイ北部で唯一の遊動狩猟採集民であるムラブリと暮らしながら、ムラブリと働き、ムラブリと遊び、ムラブリに学ぶ、ボランティア・プロジェクトです。「世界でたった数百人しかいないムラブリに寄り添いながら、私たちは何ができるのか」を考えながら、圧倒的な異文化を前に、自分たちを見つめ直してもいます。
現地での生活は、おそらくキミにとって全てが“初体験”。今までの「ジョーシキ」が通用しない世界に身を置きながら、ボクたちと一緒に、“ジブン”を壊してみないかい?
一日の始まりは火をつけるところから。コーヒーを飲みながらムラブリと語ろう。

担当教職員 二文字屋 脩
問い合わせ先 nimo@aoni.waseda.jp
取り組む社会課題 伝統文化の記録保存、住民参加型による生活支援、異文化理解
海外渡航
年間参加費用 約20万円(夏渡航と春渡航にかかるタイ渡航費)
活動地での活動時期 ミーティング週1回
夏季休業中(8月か9月)約10日間(タイ:チェンマイ、ナーン)
春季休業中(2月か3月)約10日間(タイ:チェンマイ、ナーン)

 

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる