The Hirayama Ikuo Volunteer Center (WAVOC) 早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

パラリンピック・リーダープロジェクト

このプロジェクトでは、2020年のパラリンピック開催を射程としつつ、障がいと共に生きる人々のスポーツ支援を行います。活動理念は、「凹凸を当たり前の空間に」です。スポーツを通じて一人ひとりの得意、不得意に出会う場をつくることを目指します。活動の内容は、パラアスリートとの合宿や各種競技大会のサポートなど障がいを持つアスリートの支援です。また、プロジェクトでは自らボランティア活動を計画し、実施する実務経験を通じて大学生ボランティアをコーディネートできるリーダーシップを育成します。参加する学生自身が自分たちの力で「私ができること」を模索し、ボランティアの意味を共に考え、私たちの社会に発信する活動です。

担当教職員 兵藤 智佳
取り組む社会課題 障がいとともに生きる社会 (社会的包摂)
海外渡航
年間参加費用 5万円程度
活動地での活動時期 週1回のミーティング 夏休みにパラアスリートとの合宿予定。

現地支援は、各団体の練習・大会スケジュールによって調整。

 

Related Articles 関連記事

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wavoc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる