Research Activities早稲田大学 研究活動

組織概要

本センターの学内における機能

本センターの学内における主な機能を以下示しております。

  1. URA、オープンイノーべション推進、TLO、研究費受入/執行支援、アントレプレナーシップ
  2. 産官学連携、研究に関わる外部団体や他大学との連携窓口
  3. 学内研究体制設計・構築

また、各セクションの機能を以下示しております。詳細は各セクションのホームページをご参照ください。

各セクションの機能

  • 研究戦略セクション (学外呼称名:研究戦略センター)
     早稲田大学の研究力強化を任とする組織です。具体的には、(1)学内外の研究活動の調査・分析・評価、(2)研究戦略の立案・提言、(3)研究活動の推進・支援、(4)人的ネットワークの拡大という4つの活動を柱として研究力強化に取り組んでいます。
  • オープンイノベーション推進セクション (学外呼称名:オープンイノベーション戦略研究機構)
     文部科学省から採択された「オープンイノベーション機構整備事業」補助金の執行するために設置された部門であり、競争領域における企業と大学の組織連携構築を通じて、大学の研究成果を社会実装することを目的としています。他部門とも協力しながら、本事業の活動をとおして、産学連携、イノベーション創出の新しい手法を確立させるべく、研究者・産業界の要望に沿った産学連携構築支援を行って参ります。
  • 知財・研究連携支援セクション (学外呼称名:知財・研究連携支援センター)
     承認TLOとして、産官学連携に関する研究契約や知的財産の管理、技術譲渡による知財の実用的展開の支援を進めていることに加え、早稲田キャンパスにおける科研費・公的研究費・民間研究費の受入・契約窓口の機能を持ち、研究支援ならびに研究費執行を行っています。
  • アントレプレナーシップセクション (学外呼称名:アントレプレナーシップセンター)
     早稲田大学の教員・研究者・学生による、独自のビジネスアイデアや大学の知的財産を活用したベンチャービジネスを支援・育成する目的のもとに、アントレプレナーシップセンターにおいて、様々な分野から構成されたコンサルタントが、起業相談や会員企業の経営支援・助言を行っています。

学外の皆様に提供するサービス

 本センターは、各企業様の社会課題、新事業創成のニーズ等を伺った上で、学内研究者とのマッチング、研究戦略立案(異分野融合含む)に始まり、研究マネジメント支援、研究費受入・執行支援、知財創出支援・管理、ベンチャー創出・育成支援までを一括して行う、”リサーチイノベーションワンストップサービス”を提供します。
 最終的に、学外の皆様に対して、総合力を活かした研究スコープ・研究体制の構築、ベンチャー育成・活用を含めたソリューション戦略の提供、共同研究・人材育成・人的交流等の包括連携の提供といったサービスを提供して参ります。

学生・教職員を対象としたベンチャー支援

ベンチャー創出・育成に関して、 学生・教職員を対象とした以下のような支援を行っております。

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/research/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる