Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

(終了)【11/26】公開講演会「GSセンターを知っていますか?」(オンライン開催・要事前申込)

男女共同参画・ダイバーシティの推進プロジェクト講演会

「GSセンターを知っていますか?」

早稲田大学GSセンター(Gender and Sexuality Center)は、学生の提案をきっかけに「日本初のLGBT学生支援を目的とした箇所」として2017年に設置され、現在開設5年目を迎えました。

開設当初より専門職員として、多様な価値観や生き方を尊重するキャンパスづくりを目指し、ジェンダーやセクシュアリティに関する悩みを抱えた学生に寄り添い、活動してこられたスタッフより、GSセンターの取り組み、学生支援を中心とした活動についてご紹介いただきます。

また、「GSセンターがどのようにしてできたのか」、「そこにはどのような人たちが関わり、どんな思いがあったのか」、そして「どのような思いでこれまで活動してきたのか」、学生スタッフしゅんD氏を交えてお話をうかがいます。

参加者自らが多様な個性を尊重することについて考え、大学の課題と今後の展望を模索し、広く学内外へ発信する機会としたいと思います。

※画像をクリックするとPDFが開きます

日時

2021年11月26日(金)16:30~18:00

開催形式

オンライン開催(Zoomウェビナー)

スケジュール(予定)

16:30~16:35 開会挨拶

16:35~17:35 講師講演

【第1部】早稲田大学GSセンターの取り組み紹介
講師:渡邉 歩 氏(早稲田大学GSセンター専門職員)、大賀 一樹 氏(早稲田大学GSセンター専門職員)

【第2部】次にバトンをつなぐために
しゅんD 氏(早稲田大学GSセンター学生スタッフ ) × 渡邉 歩 氏 × 大賀 一樹 氏

17:35~17:55 質疑応答

17:55~18:00 閉会挨拶

対象

本学学生・教職員、一般の方

申込方法

事前申込制 (事前にご登録いただいた方のみご参加いただけます)

こちらから 11月24日(水) 11月25日(木)正午 までにお申し込みください。

※申込多数の場合は、受付を早めに締め切る場合があります。
※11月25日(木)までにお申込み時登録メールアドレス宛にZoomのURL・パスワード等をお送りいたします。

講師プロフィール

渡邉 歩 (わたなべ あゆむ)氏 (早稲田大学GSセンター専門職員)

<プロフィール>
1989年生まれ、福島県出身。公認心理師。筑波大学大学院教育学研究科修士課程修了。私立大学助教を経て、2017年より現職である早稲田大学GSセンターの専門職員としてジェンダー・セクシュアリティに悩む学生の居場所づくりや相談支援・学内コーディネート業務を行う。また、学内外で啓発・研修を行う傍ら、早稲田大学大学院博士後期課程でLGBTと教育心理学をテーマにした研究を行う。

大賀 一樹 (たいが かずき)氏 (早稲田大学GSセンター専門職員)

<プロフィール>
1988年 島根県生まれ。公認心理師、臨床心理士。幼少期に性別違和を覚え、20歳の時に「Xジェンダー」というセクシュアリティを認識。大学院修士課程にて「ジェンダー・アイデンティティ」の研究を行いながら、厚労省補助金事業「よりそいホットライン」にて「性別や同性愛」に関する相談窓口で5年従事。現職は、東京都公立学校スクールカウンセラー、早稲田大学GSセンター、NPO法人理事等多数。

しゅんD 氏 (早稲田大学GSセンター学生スタッフ)

<プロフィール>
2016年より、早稲田大学にLGBT学生センターを作ることを求める学生サークル「ダイバーシティ早稲田」に所属。GSセンター立ち上げにも関わり、2017年4月のGSセンターオープン時からは、学生スタッフとしてはたらく。コミュニティスペースの運営やイベントの企画運営を行っている。

司会進行:弓削 尚子(ゆげ なおこ) (早稲田大学ジェンダー研究所員、法学学術院教授)

<プロフィール>
専門はドイツ史・ジェンダー史。早稲田大学GEC全学副専攻「ジェンダー研究」コーディネーター。
著書に、小林富久子・村田晶子・弓削尚子編著『ジェンダー研究/教育の進化のために―早稲田からの発信』(彩流社 2016)、村田晶子・弓削尚子編著『なぜジェンダー教育を大学でおこなうのか―日本と海外との比較から考える』(青弓社 2017)ほか。


開会挨拶:麻生 享志(早稲田大学理事<国際広報、ダイバーシティ推進>、国際学術院教授)

<プロフィール>
専門は現代アメリカ文化・文学。アメリカ学会常務理事、アジア系アメリカ文学会役員。
著書に『ポストモダンとアメリカ文化—文化の翻訳に向けて』(単著、2011)、『『ミス・サイゴン』の世界—戦禍のベトナムをくぐり抜けて』(単著、2020)、『「リトルサイゴン」—ベトナム系アメリカ文化の現在』(単著、2020)他多数。

主催

早稲田大学ダイバーシティ推進室

共催

早稲田大学ジェンダー研究所、早稲田大学GSセンター

協力

慶應義塾協生環境推進室

参加にあたっての注意事項
  • 本公開講演会は「Zoomウェビナー」を使用します。参加にあたっては、PCやスマートフォン等、インターネット回線、Zoomのクライアントソフトウェア等の準備が必要になります。事前に環境を整えたうえでご参加ください。ご参考:Zoom公式サイト
    Zoomヘルプセンター
    視聴確認ページ「ミーティングテストに参加」
    FAQページ
  • Zoomウェビナーでは、参加者側で映像表示や音声公開は操作できません。(視聴のみ可能で、お名前やお顔が画面に表示されることはありません)
  • 公開講演会の撮影、録画、録音は固くお断りいたします。
  • 公開講演会の様子は、記録のためその内容を主催者側で録音いたします。あらかじめご了承ください。
  • ZoomのURL・パスワード、公開講演会で共有された資料や映像を第三者に提供する、SNSに掲載するなどの行為は絶対に行わないでください。
  • 開始時間の10分前(16時20分)になりましたら、指定のURLより入室が可能となります。
特別な配慮が必要な方へ

ご参加にあたり、特別な配慮を希望される方は、11月5日(金)までに[email protected]へご希望の内容をお知らせください。
事前にご相談のうえ、可能な範囲で対応をさせていただきます。
※文字通訳、手話通訳等の情報保障は、WSC(WASEDAサポーターズ倶楽部)メンバーズ基金により支えられています。

問い合わせ先

早稲田大学ダイバーシティ推進室
TEL:03-5286-9871  MAIL:[email protected]

 

Dates
  • 1126

    FRI
    2021

Place

オンライン

Tags
Posted

Mon, 04 Oct 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる