Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

News

ニュース

【開催報告】第7回Rikohティータイムシンポジウム -ワセダで輝く・ワセダから輝く、アナタの未来-

テーマ「自信をもって未来をあゆむコツ」

2021年7月26日、先進理工学研究科修了生でソニー(株)ホームエンターテインメント&サウンドプロダクツ事業本部TV事業部商品企画部の上原祐美子氏、理工学術院准教授の高山あかり氏を講師にお招きし、「第7回Rikohティータイムシンポジウム」を理工学術院・キャリアセンターの協力のもと、今年度はオンラインにて開催いたしました。学部生・大学院生・教職員のほか、附属・系属校や近隣の都立戸山高校の生徒の方もあわせて53名の参加がありました。

司会進行:所千晴室長

冒頭、ダイバーシティ推進室長である所千晴先生(理工学術院教授)より「今回のテーマは『自信をもって未来をあゆむコツ』です。時代の流れが速く、環境もどんどん変化していくなかで、その時々にご自身の気持ちに耳に傾けてそれぞれの道を選択されてきた話がうかがえると思うので、楽しみにしていてください」という挨拶がありました。

 

講師:高山あかり氏

高山あかり氏は、まず幼少の頃から現在までの経歴のお話をされました。家庭の経済状況や入試の結果から消去法で選んだ大学の進学先や、研究室配属で第1希望の研究室に抽選で選外となってしまったことなど、「これまで決して自分の最初の希望通りに進んできたわけではない」と振り返りながらも、結果的に「現在研究者として自然科学の謎を解明するということは、自然を相手に探偵みたいなことをしているという点で、(名探偵コナンに憧れていた)小学生の頃の夢に近いことをしている」、「中高の教諭になりたいと思って教員免許を取ったことも、現在大学教員として学生・生徒への教育するという点で活かされている」と、人生における予想外の展開も肯定的にとらえていると語りました。
最後に参加者に向けて「自分の好奇心に耳を傾けることで、世界はまったく違って見えてくる。そこに新しい道が見つかるのではないか」とメッセージを送ってくださいました。

 

講師:上原祐美子氏

続く上原祐美子氏からは「自分の意志で未来を築くための3ステップ」と「予測できない状況でも前進するためのヒント」について講演いただきました。

まず、自分の思い描いた未来を築くために必要なこととして、「思い描く未来を言葉にする」「未来のために準備する」「機会を逃さず手を挙げる」という3つのステップを、これまでの自身の経歴と重ねながら紹介されました。
続いて、オフィス移転という予想外の環境変化に伴い、10年間取り組んできたカメラの商品開発というキャリアの継続に悩んだ経験が語られました。キャリア、家族、自身との向き合い方として「1つ続ける、1つ始める」「大切な人とたくさん話す」「自分が自分の味方になる」という工夫をしてきたことにより、予想外の環境変化においても、高い意欲を持ち前進し続けられる新しいキャリアをスタートできたことが紹介されました。「自らの意志により未来を築きながらも、誰にでも訪れうる予想外の未来のために、日頃から得意分野を増やし、大切な人と未来像を語り合い、自分自身を肯定してあげることで、前向きな変化を遂げられる」と講演を締めくくりました。

講演終了後には参加者からの質問に回答する形式で、司会の所室長を交え、パネルディスカッションを行いました。「学部や大学院で文転、理転すると大変なことはありますか?」「学生時代にやっておいた方がいいことは何ですか?」「周囲に女性の人数が少なくて困ったことはありますか?」「自分が何に興味があるのかわからず、進路選択に困っています。どうやったら自信をもって進路選択できますか?」などさまざまな質問が寄せられ、これらに対して丁寧にご回答いただきました。

 

第二部は、ロールモデルである講師のお二人、所先生に加え、高橋大輔先生(理工学術院教授)、橋田朋子先生(理工学術院教授)、松尾亜弓氏(早稲田大学職員)、地神貴史氏(早稲田大学職員)にもアドバイザーとして加わっていただき、5グループに分かれグループセッションを行いました。講演内容に関する質問から参加者自身に関する相談まで、参加者が多岐にわたり意見を交わし、当シンポジウムは盛会裏に終了いたしました。

参加者からは「講師の方々がみな和やかで、楽しいイベントでした」、「自分の将来について考えるいい機会になりました」、「とても有意義な講演をありがとうございました。学ぶことや背中を押されることが多くありました」、「今回のように直接講師の方とお話しできたのは初めてで、すごく貴重な経験になりました」、「進路選びや、人生で大切にすべきことなどに関する貴重なアドバイスをもらえて、勉強になりました」といった感想が寄せられました。

ご参考:【動画】第7回Rikohティータイムシンポジウム2021PV

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる