Office for Promotion of Equality and Diversity早稲田大学 ダイバーシティ推進室

News

ニュース

男女共同参画・ダイバーシティの推進プロジェクト講演会(公開) 「男性が介護を担うとき~仕事と介護の両立を目指すには~」開催報告

畑先生 2016アルバム 073-2

標記の公開講演会を、2016 年10 月7 日、立命館大学産業社会学部教授の津止正敏氏をお迎えし、26号館大隈タワーで開催いたしました。参加者数は、本学の学生・教職員だけでなく、他大学や企業からの一般の方々を含めた24 名となりました。

はじめに、早稲田大学ダイバーシティ推進担当理事 畑惠子教授より、ダイバーシティ推進の一つの柱として男女共同参画は重要な課題でり女性だけではなく男性の働き方・生活のしかたを考える必要があること、「介護」は世代も性別も問わない問題であることが述べられ、「この講演をこれからの生活に役立てていただきたい」との開会挨拶がありました。
津止先生 2016画像 009続いて本日の講演者津止正敏先生が登壇され、「男性介護者という言葉が使われはじめたが、ニュースで配信される場合、事件の加害者というイメージが強い、『介護は家族の中で加害者と被害者がでる』という現実にとても心が痛み、社会的な支援が必要ではないかと考え、男性介護支援のネットワーク組織を立ちあげ活動している」と支援を始めたきっかけと、今までおこなってきた男性介護者の交流会がはじめに紹介されました。次に、支援活動の中で直接届いた声を交えながら、「遠距離介護も増えており、育児や介護を担うケアラーと呼ばれる人は、日本において人口の2 割とも言われている」とい現状が伝えられ、また社会保険制度や介護保険制度の変化による介護形態の多様化と在宅介護の長期化や重度化、介護に関わる人々の高齢化について、数値データが示されました。これからは誰もが『介護する/される』時代となり、仕事と介護の両立ができる社会・職場が必要であること、男性介護者が言葉にして発信する場所が不可欠であること、介護当事者に寄り添い一緒に考える支援こそ『介護離職防止』の最も確かな援助であるという具体的な支援方法を伝えられました。「今のような介護を排除して成り立つ暮らしや働き方ではなく、介護のある暮らしや働き方ができる社会を標準にすべきで、これからの社会生活のテーマである」と締めくくられました。津止先生 2016画像 005

講演後の質疑応答は、ダイバーシティ推進委員会委員長 矢口徹也教授が進行し、参加者からは色々な視点からの質問が届き、津止先生より一つ一つ丁寧にお答えいただきました。

最後に矢口教授より閉会の挨拶として、学部生を対象に行ったワークライフバランスのアンケート結果―多くの在学生が親世代の介護について関心を抱いている現状、が紹介されました。その上で、介護は、福祉の問題のみでなく、人が「働くこと」「生きること」「育てること」と関る課題であり、大学でも学生たちと考えていくテーマのひとつと感じている、とお話がありました。

参加者からは、「複雑化する介護の実態を、リアリティをもって感じることができた」「多くのデータを示していただき、勉強になった」「介護を生きるモデルとするという視点にはっとさせられた」と、年齢層や立場の違いからの幅広い感想が寄せられ、それぞれの気づきが与えられた満足度の高い講演会となりました。

矢口先生・津止先生 全体2016画像 019 - コピー

〈2016 年度サポート交流事業〉

*開催報告(PDF)のダウンロードはこちらから

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/diversity/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる