Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

電子政府・自治体研究所:第15回早稲田大学世界デジタル政府ランキング年次調査発表

15年間の世界的調査が映すデジタル日本の真実
米国1位,日本は7位で善戦するもデジタル化に課題山積み

早稲田大学電子政府・自治体研究所は「第15回早稲田大学世界デジタル政府ランキング」を公表しました.行財政改革の起爆剤となるデジタル政府が官民の大幅なコスト削減と行政の業務効率化に貢献することは確か.経済成長・イノベーション戦略並びに国際競争力強化の基点として本格的な推進展開が必要不可欠です.各国の進捗度を主要10指標(35サブ指標)で多角的に評価する15年間の本ランキング調査分析は,国際デジタル社会への貢献度が高いとAPECから賞賛されています.
 

「早稲田大学世界デジタル政府ランキング」

「世界デジタル政府ランキング」は,世界のICT先進国64カ国におけるデジタル政府の総合的成果かつ歴史的推移などを解説しています.毎年報道発表される本ランキングは,3指標のみ隔年発表の国連と並ぶ世界2大評価として世界中から注目されています.
15回目を迎えた今回の年次調査では,1位:米国,2位:デンマーク,3位:シンガポールの順になりました.日本はオーストラリアに次いで7位に登場しています.各項目や地域ごとのランキングと解説を記載するだけでなく,過去15年にみる世界のデジタル政府の進展,総合ランキングの推移,セクター指標別ランキング,地域別ランキング,注目の新潮流5大テーマなどをまとめています.

日本の課題と提言ですが,官庁の縦割り行政,電子政府(中央)と電子自治体(地方)の分離,それに市町村の財政・デジタル格差,国民に直結する出先のICT人材不足が構造的弱点です.少子・超高齢・人口減少社会下においては,デジタル活用による官民一体化とオープンイノベーションが行財政改革のコスト削減と効率化はもとより国民生活の利便性向上に寄与します.コロナ時代のデジタル政府の最優先事項は,強力かつ迅速なデジタル化による新しい生活様式へのシフトと行政DXを推進し,経済再生と質の高い行政サービスを提供することにより国民生活の安定,安心・安全を守ることです.

また,デジタル社会実現の司令塔たる「デジタル省」創設が国家戦略・構想です.米中欧に水をあけられたデジタル産業の再生,省庁横断のデジタル一元化改革の主役を演じる原動力になりえます.さらに,世界3大先端技術「5G,AI,8K」の統合力が我が国のコロナ不況克服のイノベーション・デジタル成長戦略の基軸です.また災害大国日本では,数多くの自然災害をはじめ,新型コロナ感染症対策,急増するサイバーセキュリティ対策などを担う防災危機管理庁の創設も一考察です.
加えて,本調査は日本のデジタル化の遅れた原因,長短所,デジタル政府の意義と未来像を国際比較で論じ,20項目の課題・提言にまとめています.コロナ禍で不確実性が高まりつつある中で,日本のデジタル戦略の“バイブル”としてご活用頂ければ幸いです.

本評価モデルは2005年に研究所所長の小尾敏夫教授(現名誉教授)によって開発され,ランキング手法が確立されました.小尾氏は2015年に総務大臣賞を授与され,2018 年に英国の国際政策シンクタンクから「デジタル政府に世界で最も影響力を持つ100人」に日本人として唯一選ばれました.当研究所はAPECデジタル政府研究センターも兼務しています.今年で報道発表15周年を迎える世界デジタル政府ランキング評価は,各国の産官学リーダーなどへの政策支援材料の提供をはじめ,この分野の国際連携の中核をなしています.主要国の担当大臣をはじめ関係機関要人からの積極的なアプローチも見られます.

 

データ分析および評価

最新で,かつ最も正確な情報を得てデータ分析及び評価するために,NPO法人国際CIO学会(理事長:岩﨑尚子)の世界組織であるIAC(International Academy of CIO)は傘下の提携大学を代表する専門家による合同調査チームを編成しています.連携大学は,シンガポール国立大学(シンガポール),北京大学(中国),ジョージ・メ-スン大学(米国),ボッコーニ大学(伊),トルク大学(フィンランド),タマサート大学(タイ),ロシア連邦経済大学(露),ラサール大学(フィリピン),バンドン工科大学(インドネシア),国立政治大学(台湾),それに統括拠点の早稲田大学です.研究調査プロセスでは専門家チームが年2回会合し,さらに各国政府デジタル部門,国連,OECD,世界銀行,APEC,欧州連合等の国際機関との意見交換が重要な役割を担います.

電子政府・自治体研究所の岩﨑教授をリーダーにデジタル社会の世界的発展と連携に向けて各領域の進展をより具体的に分析し,国連SDGsなどの課題解決を目指しています.

なお,本報告書は研究所のホームページ:
(URL: https://idg-waseda.jp/ranking_jp.htm )から入手できます.

【問い合わせ】早稲田大学電子政府・自治体研究所:岩﨑,三嶋
東京都新宿区西早稲田1-21-1早大西早稲田ビル321 [email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる