Center for Higher Education Studies早稲田大学 大学総合研究センター

News

ニュース

第7回WASEDA e-Teaching Award受賞者決定(2018年度)

2019年3月22日、第7回WASEDA e-Teaching Award 受賞者決定

WASEDA e-Teaching Awardは、以下の3点を目的に、大学総合研究センターが実施しています。

  • ICTの中でも、特にLMSやネットワークを活用して教育効果の向上をはかる取り組みをe-Teachingと定義し、その実践的な取り組みで成果を上げるGood Practiceを共有する。
  • 教育効果を上げているe-Teaching の取り組みを表彰し顕在化させることで、相乗効果により、教員のモチベーションを高め、より質の高い教育の提供、学習効果の向上に寄与する。
  • エントリーされた教員やそのe-Teaching手法を、早稲田大学の優れた教育事例として公開することで、本学の教育内容の透明化を図り、社会からの理解と評価を求めることにも繋げる。

WASEDA e-Teaching Award

◆授与式兼講演会
第7回WASEDA e-Teaching Award授与式兼講演会
日 時:2019年5月16日(木)17:15-19:00(予定)
場 所:早稲田キャンパス 26号館地下多目的講義室
内 容:第7回WASEDA e-Teaching Award授与式兼講演会当日プログラム
主 催:大学総合研究センター 教育方法研究開発部門
共 催:デジタルキャンパスコンソーシアム(DCC)

WASEDA e-Teaching Award受賞者・事例詳細
※WASEDA e-Teaching AwardはGood Practice賞受賞者の中から決定されます。

担当教員  所属 事例記事
大賞
神長 伸幸
人間科学学術院 講師 「仮想コンテナ技術」によって、高度なデータ分析環境を手軽に実現。限られた授業時間の有効活用が可能に
大賞
木下 直子
日本語教育研究センター 准教授 独自コンテンツや既存ソフトを駆使し、履修後も持続可能な発音学習法を身につける
鎮目 雅人 政治経済学術院  教授  『わせポチからのコメント投稿で、大教室での学生間インタラクションを活性化
大鹿 智基 商学学術院  教授 予習ビデオの工夫、高度授業TAの導入、Course [email protected]を使ったピアレビュー。効果を上げた3つの取り組みとは
大坪 康郎 理工学術院 講師 実験教育に反転授業を導入。理解度が深まり、実験レポート成績でも高評価の学生が増加
ローズ ラルフ レオン 理工学術院  准教授 英単語の語彙力テストを作るソフトウェアを開発。教員の労力を軽減しつつ、学生に公平なテストを実施する

※資格・所属は受賞当時のもの

WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞受賞者・事例詳細

担当教員  所属 事例記事
ドウ シャオリン 理工学術院 講師 ていねいな講義ノートを作成し、Course [email protected]で配布する
川瀬 彩耶 理工学術院  講師 スマートフォンを使用したアクティブ・ラーニングにより、スピード感のある授業が可能に
山﨑スコウ 竜二 社会科学総合学術院 講師 アクティブ・ラーニングに加えてLearning by Teachingを導入、学生の相互的活動を支援
杉本 清香 人間科学学術院 講師 オンラインクイズ「Kahoot」で、活気とモチベーションが向上
西多 昌規 スポーツ科学学術院 准教授 「心の病気」というセンシティブな授業内容を踏まえた上で、「わせポチ」やCourse [email protected]のベストな活用法を検討
尹 智鉉 日本語教育研究センター 講師 Course [email protected]でフリー動画を共有。反転授業でディベートを学ぶ

※資格・所属は受賞当時のもの

本学の表彰制度についてはこちらのページで紹介しています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ches/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる