Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

庭球部 白石、全日本で単ベスト8、複ベスト4進出

早稲田大学庭球部は11月3日、全日本選手権に出場し、白石光(スポ科3年)がシングルスで逆転勝ちを収めベスト8、ダブルスでもベスト4進出を決めました。

詳細は以下、早稲田スポーツ新聞会の記事をご覧ください。

全日本選手権 11月3日 兵庫・ブルボンビーンズドーム

白石がシングルスでベスト8、ダブルスでベスト4進出!

【2021.11.03 早稲田スポーツ】記事・写真 山床啓太

シングルスで逆転勝ちの白石

白熱した戦いが続く全日本選手権。単複ともに初戦を突破した白石光(スポ3=千葉・秀明大秀明八千代)は男子シングルスの3回戦、ダブルスの2回戦に臨んだ。シングルスでは年下の磯村志(やすいそ庭球部)相手に緊張もある中で逆転勝ちを収め、ベスト8進出。ダブルスでも江原弘泰(エキスパートパワーシズオカ)・片山翔(平25卒=現伊予銀行)組を相手に、サービスゲームをわずか1ゲームしか落とさない戦いぶりで勝利し、ベスト4進出を決めた。 →続き・選手・監督コメントを読む

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる