Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

卓球部女子 全日本選手権で創部初のベスト4 4年生はラスト団体戦で有終

早稲田大学卓球部女子は10月15〜17日、卓球の全日本選手権団体の部に出場しました。決勝トーナメントの1回戦を3-2で競り勝ち、創部初のベスト4の好成績を収めました。同部は続く個人戦の主要大会に臨みます。

全日本選手権団体の部 10月15~17日 栃木・TKCいちごアリーナ

女子部初となるベスト4進出! 4年生ラストの団体戦で有終の美

【2021.10.20早稲田スポーツ】記事、写真 鬼頭遥南

ラリー戦でフォアハンドを打つ岩越

国内主要大会の一つに数えられる全日本選手権団体の部が、来年度国体開催地の栃木県で幕を開けた。今大会には実業団、大学、高校の各代表チーム、さらに開催地選抜、ジュニアナショナルチームと、全国から選抜された12チームが終結。団体日本一を目指し3日間にわたる熱戦を繰り広げた。今回、7月の全日本学生選手権団体の部(団体インカレ)で優勝し、3年ぶりに出場権を獲得した早大女子部。予選リーグを通過し上位8チームからなる決勝トーナメントに進出すると、その1回戦を3―2で競り勝ち、創部以来越えたことがなかったベスト4の壁を突破した。中国電力に敗れ決勝進出は逃したものの、「最高のかたちで終わることができたと思う」(岩越帆香主将、スポ4=福岡・希望が丘)。4年生ラストの団体戦を、笑顔で締めくくった。 →続き・選手・監督コメントを読む

決勝トーナメント1回戦でチームに3勝目をもたらした杉田とそれを称えるベンチ

集合写真。4年生の笹尾(前列左)と岩越(前列右)に花束が贈られた

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる