Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

ラクロス部女子 連覇を狙う早慶戦 相手の堅守を崩せず、悔しい敗戦に

早稲田大学ラクロス部女子は6月20日、早慶定期戦で慶應義塾大学と対戦し、2-6で敗れました。第3Q(クォーター)でMF櫻井あか里(商学部3年)・A T倉田瑠々主将(文化構想学部4年)がゴールを決めるも、逆転することができませんでした。

詳細は以下、早稲田スポーツ新聞会の記事をご覧ください。

早慶定期戦 6月20日 対慶應義塾大 神奈川・日吉陸上競技場

攻めのディフェンスを体現するも攻撃に課題残る 早慶戦連覇ならず

【2021.06.22早稲田スポーツ】記事:後藤泉稀 写真:早稲田大学女子ラクロス部提供

得点を決め、ガッツポーズA T倉田

昨年の中止、5月からの延期を経てようやく開催された早慶ラクロス定期戦。前回大会は6500人を超える集客だったが、今大会は新型コロナウイルスの影響で無観客試合となった。早大ラクロス部は2年前の早慶戦で、アベック優勝の感動を味わっているものの4年生中心に「自分たちの代で勝つ」と挑んだ。昨年の大会中止もあり、「今年こそは」と意気込む。早大は第1Q(クォーター)に4失点を喫するが、その後DF(ディフェンス)陣が立て直し、2—4で最終Qを迎える。果敢にシュートを打つも相手の好守に阻まれ決まらず、さらに追加点を許す。2−6でゲームを終え、早慶戦連覇は叶わなかった。 →続き・選手コメントを読む

積極的ディフェンスでボールを奪いにいくD F鈴木

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる