Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

ラグビー蹴球部 関東春季大会展望 『Be Hungry』の挑戦

早稲田大学ラグビー蹴球部は5月2日から、関東大学春季大会に出場します。同部はこれまで4ヶ月間、第104代主将・CTB長田智希(スポーツ科学部4年)、副将・プロップ小林賢太(スポーツ科学部4年)と大田尾竜彦監督(平16人卒)が率いるチームで鍛錬を重ねてきました。チームスローガン『Be Hungry』のもと、新シーズンである関東大学春季大会に臨みます。

昨年の主力選手が残るBK陣は「相手を走らせないディフェンス」を目標に掲げる。伝統であるアタックに加え、さらなる戦力増強をはかります。BKと同様に出場経験豊富な選手が残るFW陣では、「チーム全体で押す」ことを目標に、スクラム全体の強化を目指しています。

春シーズンで各選手がいかに挑戦できるか、長田組の活躍に期待が高まります。

詳細は以下、早稲田スポーツ新聞会の記事をご覧ください。

関東大学春季大会 5月2日~ 早大上井草グラウンドほか

関東大学春季大会 展望

【2021.05.07 早稲田スポーツ】記事 内海日和、写真 安岡菜月氏、細井万里男氏

昨年多くのトライで早大を勝利に導いた槇瑛人

昨季スタメンに定着し果敢なボールキャリーを見せた村田陣悟

全国大学選手権(大学選手権)決勝で天理大に敗北を喫してから4カ月、第104代主将にはCTB長田智希(スポ4=大阪・東海大仰星)、副将にはプロップ小林賢太(スポ4=東福岡)が就任。さらに、2018年からチームを率いた相良南海夫監督(平4政経卒)が退任し、大田尾竜彦監督(平16人卒)が新監督に就任した。発足した新体制で掲げたチームスローガンは『Be Hungry』。長田組はハングリー精神をもって新しいシーズンのスタートダッシュを切る。→続きを読む

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる