Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

ア式女子 関カレ日大戦、笠原が終了間際に勝ち越し弾 今季負けなし連勝続く

早稲田大学ア式蹴球部は5月1日に第35回関東女子リーグ戦に出場し、日大と対戦しました。試合終了間際、MF笠原綺乃(スポーツ科学部2年)の勝ち越しゴールにより、土壇場で勝ち点3を手にしました。本試合により、同部は連勝記録をさらに更新しました。

詳細は以下、早稲田スポーツ新聞会の記事をご覧ください。

第35回関東女子リーグ 5月1日 東伏見グラウンド

またもや劇的決勝弾! 白星奪取で連覇に向けて好発進

【2021.05.02 早稲田スポーツ】記事 手代木慶、写真 小野寺純平

積極的な試合参加を見せた浦部

今シーズンは『挑越』と『四冠』をスローガンに掲げ、関東大学女子リーグ(関カレ)連覇を狙うア式蹴球部女子(ア女)。開幕戦は、今季から1部に昇格した日大との一戦となった。女王の貫禄を見せたいところだったが、前半を0-0で折り返す。しかし47分、DF浦部美月(スポ2=スフィーダ世田谷FCユース)の右足で先制。終盤に一度は追い付かれたものの、90+2分にMF笠原綺乃(スポ2=横須賀シーガルズJOY)が2点目を押し込むことに成功し、土壇場で勝ち点3を手にした。→続き・選手・監督コメントを読む

アディショナルタイムに決勝点を放つ笠原

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる