Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

準硬式野球部 春季リーグ戦開幕、法大3回戦で9回まさかの逆転負け

早稲田大学準硬式野球部は4月12日、1勝1敗で迎えた東京六大学春季リーグ戦の3回戦で法政大と対戦し、3−4で無念の逆転負けとなりました。渡部椋雅主将(商学部4年)はリーグ戦優勝のために、攻撃力を十分に発揮したいと、次戦の慶大との戦いに向けて意気込みを語っています。

詳細は以下、早稲田スポーツ新聞会の記事をご覧ください。

東京六大学春季リーグ戦 4月12日 早大東伏見グラウンド

まさかの逆転負けで開幕カードを落とす/法大3回戦

【2021.04.12早稲田スポーツ】記事:小山亜美 写真:樋本岳

この日先発した清水

悔しい敗戦となった。初回から法大打線に2点の先制を許すも、直後の攻撃で川原崚(商3=東京・早大学院)の2点適時打で同点に追いつく。さらに、5回には渡部椋雅主将(商4=神奈川・桐光学園)が本塁打を放ち、勝ち越しに成功した。しかし9回表、1死一、二塁のピンチから連打を浴びて2失点。その後の早大打線は得点できず、無念の逆転負けとなった。 →続き・選手コメントを読む

本塁打を放った渡部

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる