Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

J2長崎・鍬先祐弥「日本を代表する、愛されるMFになる」

鍬先 祐弥(くわさき・ゆうや)=早稲田大学 スポーツ科学部4年
加入内定先:V・ファーレン長崎(J2)
ポジション:MF
身長/体重:176cm/72kg
SNSアカウント:@kysoccer2

チーム歴:
長崎市立山里小学校→私立長崎南山中学校→私立東福岡高校→早稲田大学ア式蹴球部

「様々な人の支えがあり、苦しい時期を乗り越えられた」

早稲田大学ア式蹴球部4年の鍬先祐弥です。来季よりV・ファーレン長崎に加入させていただくことになりました。

まず、OB・OGの方々、大学関係者の方々、株式会社asicsの皆様、バリュエンスホールディングス株式会社の皆様、日頃より多大なるご支援ありがとうございます。

私は早稲田に来て良かったと心底感じています。最初は高校までとは全く違う環境、価値観や基準に戸惑い、苦しく辛い時間を過ごしました。

しかし、私を早稲田にスカウトしてくださり常に奮い立たせてくださった玉井さん、試合に起用し続けてくださったスーパーポジティブな外池監督、プレー面でのアドバイスを具体的に指導してくださった上赤坂コーチ、新型コロナウイルスの影響で、運営面でイレギュラーな状況が起こった中、対応に尽力してくださった矢後さん、体のケア並びにトレーニングのサポートをして下さった有田さんなどスタッフの方々、そして結果とピッチ内外での圧倒的な姿勢でチームを導いてくれた偉大な先輩方、常に究極の当事者意識を持ちぶつかり合える最高の同期、周りがよく見えててピッチ内外で頼りになる後輩、常に私の意見を尊重し背中を押し続けてくれた家族、様々な人の支えがあり、苦しく辛い時期を乗り越えられました。

そして、最終学年となり、よりアグレッシブなプレーができる様になり、簡単にへこたれず前を向き、チャレンジし続けられるようになりました。

改めて振り返っても、1人では何も成し遂げることが出来なかったと感じております。

ですが、まだ何のゴールでもなく、私の挑戦は始まったばかりです。これまで以上に、プロの世界では厳しい事が待ち受けているはずですが、早稲田で培ったこの成長を生かし「日本を代表する愛されるミッドフィルダー」を目指します。

是非スタジアムまで足を運んで下さい。宜しくお願い致します。

V・ファーレン長崎 竹元義幸テクニカルディレクター のコメント

鍬先選手は、献身性がありチームの勝利の為に汗をかける選手です。 以前、長崎の練習に参加してもらいましたが、基礎技術も高く、中盤の即戦力として非常に期待が高いです。地元長崎でプレーしたいという強い気持ちも見せてくれましたし、将来 V・ファーレン長崎を背負うような選手になると思い、獲得に至りました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる