Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

弓道早慶戦 リモート形式、早大が僅差を守り抜いて粘り勝ち

早稲田大学弓道部は11月22日、早慶定期戦を行い、55中対52中で勝利しました。1年生も活躍し、層の厚さを見せつけました。

早慶定期戦 11月22日 早大東伏見弓道場

伝統の早慶戦 手堅い勝利

【2020.11.24 早稲田スポーツ】写真・記事:宮崎円花

2立目皆中の内藤碧選手(商学部1年)

大幅に延期されて実施された早慶定期戦。今年はリモート形式となったが、終始静かな緊張感が漂う展開となった。1立目で早大は慶大に1中のリードを許したものの、2、3立目で好的中を記録。4立目で的中を落とすも僅差でリードし、最後まで逆転を許さなかった。55中-52中で勝利。伝統戦を白星で飾った。

1立目、早大はまずまずの立ち上がりを見せる。渋谷有希乃(文構3=東京・早実)が皆中。的中が上がらない鈴木来実(スポ1=茨城・清真学園)、内藤碧(商1=東京・桜修館中教校)をフォローした。2立目では内藤が調子を上げ皆中。1年生ながら安定した射を見せた。全体では13中を記録し、慶大との差を4中に広げた。

続く3立目、2立から連続で山野桃果(先理2=東京・吉祥女)と内藤が皆中。好調を維持した早大だが、4立目で大幅に調子を落としてしまう。3立目まで安定した射を見せた渋谷が不調。山野、鈴木も羽分けで4立目を終える。慶大との差はわずか2中。逆転される可能性を残したまま、最終立を迎えた。しかし、ここは早大。最終立では調子を取り戻した。山野が3度目の皆中。交代で入った亀卦川響(法1=東京・早実)が4射3中とチームを支えた。

55中-52中。最後まで予断を許さない展開となったが、一本一本に集中する姿勢が勝利に結びついた。→続きを読む

チームをけん引した山野桃果選手(先進理工学部2年)

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる