Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

バスケットボール部 インカレ出場権をかけた試合で今年初勝利!

バスケットボールのインカレチャレンジマッチ2020が11月17日、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、早稲田大学バスケットボール部は明治大と対戦し、58-54で勝ちました。この勝利により、早稲田は全国大学選手権(インカレ)への出場権を獲得しました。

インカレチャレンジマッチ2020 11月15日 東京・駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

背水の陣で挑み初勝利。インカレ出場を掴み取る

【2020.11.17 早稲田スポーツ】記事・写真:岸祥太郎

24点もの得点を決める活躍を見せたG土家大輝(スポーツ科学部2年)

インカレチャレンジマッチ2020は先のオータムカップ2020(オータムカップ)で1部9位から12位のチームと2部1位から4位のチームが全国大学選手権(インカレ)の出場権をかけて対戦をする大会だ。オータムカップでは12位と苦戦した早大は2部1位の法大と対戦。第1Q、神田誠二(社2=静岡・浜松開誠館)が先制点を取り、それに続くように兪龍海(スポ1=神奈川・桐光学園)、土屋大輝(スポ2=福岡大大濠)も積極的に攻め込む。序盤でリードをつけることに成功し、好調な出だしを切った。良い流れを失いたくない中盤、チームのディフェンスが光る。第2、第3Qで相手を抑え込み、さらにリードを広げ、10点以上の点差を広げることに成功。しかし、第4Qでは法大の猛攻を受けた。苦しい展開になるも粘りのディフェンスで点差を守り抜き、今年初の勝利を掴み取った。この勝利で早大はインカレへの出場権を獲得した。→続きを読む

3ポイントシュートを放つ柳川幹也(スポーツ科学部4年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる