Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

体操部、新体制はチームプレーを大切に

体操部は11月1日、団体総合で慶大に16点差をつけ勝利を飾りました。後半、4種目目の跳馬では、転倒などの大きなミスなく、全員が13点台に乗せ、その中でもこの種目最後に登場した板倉子龍(スポ2)が最も素晴らしい1本を披露しました。個人の好プレーが光る場面もありましたが、「チーム戦には勝ったが、雰囲気や流れは完全に負けた」と山田元大主将(スポ4)は苦い表情を浮かべました。新体制の始動に向け、竹端健太郎時期主将(スポ3)は「みんなをまとめ上げていくことができたら」と意気込んでいます。

第73回早慶対抗定期戦 11月1日 早大第二体育館

伝統の一戦制し、新体制始動へ

【2020.11.02早稲田スポーツ】記事・写真:青柳香穂、足立涼子

感染状況を踏まえ細心の注意を払って開催された

戦後復活して以来、伝統の一戦として守られ続けた早慶対抗定期戦(早慶戦)。例年通りの時期に開催することこそ叶わなかったが、細心の注意を払い無事に第73回を迎えた。団体総合は、計12名のメンバーで約16点の差をつけ慶大に勝利。個人総合では、原田脩(スポ4=東京・帝京)が2位、4種目で2位以内に入る活躍を見せた。 →続きを読む

原田はあん馬で会心の演技を披露

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる