Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

競走部、駅伝シーズン好調な幕開け 中谷・太田が日本選手権標準記録を突破

中止となった第32回出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)に代わって開催された対校長距離競技会・トラックゲームズin TOKOROZAWAが10月11日、所沢キャンパス・早稲田大学織田幹雄記念陸上競技場で行われました。早稲田大学競走部は創価大、東洋大、明治大と対戦し、1万メートルで日本選手権標準記録を突破する劇的な追い上げを見せた中谷雄飛(スポーツ科学部3年)、太田直希(同3年)の活躍により、見事大逆転で優勝を飾りました。駅伝シーズンが開幕し、太田は今後の試合にむけてチーム全体の底上げをするよう意気込みを見せました。

トラックゲームズin TOKOROZAWA  10月11日 埼玉・早稲田大学織田幹雄記念陸上競技場

出雲駅伝の代替大会で大逆転優勝! 中谷と太田は日本選手権への切符を手にする

【2020.10.12早稲田スポーツ】記事:布村果暖 写真:大島悠希、町田華子

諸冨と菖蒲は中盤並走した

新型コロナウイルス感染拡大の影響により第32回出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)が中止されたことを受け、早大、創価大、東洋大、明治大の4校による代替の対校長距離競技会が行われた。台風14号の影響で1日遅れとなったため、奇しくも本来の出雲駅伝と同じ10月11日の開催となった。1年生4人の布陣で挑んだ5000メートルの終了時点では、早大は全体4番手となったが、その後1万メートルの中谷雄飛(スポ3=長野・佐久長聖)、太田直希(スポ3=静岡・浜松日体)が日本選手権標準記録を突破する好走を見せたことで、大逆転での優勝を果たした。 →続きを読む

学生トップをひた走った中谷

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる