Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

9/19-20 野球部・明大戦展望 先発は早川・徳山 打は4番・岩本に期待 

東京六大学秋季リーグ戦 9月19・20日 神宮球場

悲願の優勝へ 連勝で開幕ダッシュを果たせ!/明大戦展望

【2020.09.018早稲田スポーツ】記事:大島悠希、写真:池田有輝

昨季の明大戦で1失点完投勝利を挙げた早川

東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)を3位で終えてから、約1カ月。秋季リーグ戦が今週末に開幕する。開幕カードは春と同じ顔合わせとなった。春は9回1失点と好投した早川隆久主将(スポ4=千葉・木更津総合)、2打席連続本塁打を放った蛭間拓哉(スポ2=埼玉・浦和学院)の活躍もあり、開幕を白星で飾った。平27(2015)秋以来の優勝に向け、まずは開幕カードを連勝で飾り、勢いに乗っていきたい。

春との違いがあるとすれば、1試合総当たり制ではなくなったこと。春季リーグ戦ではリーグ断トツのチーム防御率0.77を記録した早大であるが、10試合勝ち点制になったことで投手運営に違いが出てくることが予測される。春季リーグ戦では3戦目に東大戦を控えていたこともあり、小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)は早川、徳山壮磨(スポ3=大阪桐蔭)の2枚看板に加え、西垣雅矢(スポ3=兵庫・報徳学園)を先発に回す采配を見せた。しかしこの秋は西垣を救援に回すことが濃厚だ。柴田迅(社4=東京・早大学院)山下拓馬(法3=埼玉・早大本庄)と共にチームの危機を救う活躍を期待したい。また森田直哉(スポ3=早稲田佐賀)原功征(スポ2=滋賀・彦根東)といった投手たちも夏季オープン戦で多くの出番をもらっており、登板の可能性は十分ある。ブルペンからアピールをしていきたい。→続きを読む

主砲・岩本のバットに期待だ

東京六大学合同企画 東京六大学秋季リーグ戦開幕前特集

春はチーム防御率・打率共にリーグ1位 10季ぶりVへ、鍵は主砲の一打/戦力分析

春は3位に終わったものの、個々の能力の高さを示して今秋の優勝候補に名乗りを上げた早大。充実の戦力を武器に10季ぶりの賜杯奪還を狙う。→続きを読む

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる