Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

【レスリング部】須﨑優衣選手(スポーツ科学部1年)がレスリング世界選手権・女子50キロ級 金メダル獲得!

レスリングの世界選手権・女子50キロ級決勝がハンガリー・ブダペストで行われ、レスリング部の須﨑優衣選手(スポーツ科学部1年)が、リオデジャネイロ五輪48キロ級銀メダリストのマリア・スタドニク選手(アゼルバイジャン)にテクニカルフォール勝ちし、2大会連続の金メダルを獲得しました。昨年の48キロ級覇者の須﨑選手は、今大会、女子50キロ級に出場し、4試合無失点の完全優勝を果たしました。世界と戦う須﨑選手、レスリング部への応援よろしくお願いします。

女子50キロ級決勝 マリア・スタドニク(下)を攻める須﨑優衣=ブダペスト(共同)


レスリング世界選手権女子50キロ級で優勝し喜ぶ須﨑優衣。2大会連続の金メダル=25日、ブダペスト(共同)

レスリング世界選手権女子50キロ級で優勝し喜ぶ須﨑優衣。2大会連続の金メダル=25日、ブダペスト(共同)

レスリング世界選手権女子50キロ級で優勝し喜ぶ須﨑優衣(上)と吉村コーチ。2大会連続の金メダル=25日、ブダペスト(共同)

女子50キロ級で優勝し、表彰式で笑顔の須﨑優衣(左から2人目)ら=ブダペスト(共同)

須﨑優衣選手略歴

須﨑優衣(すさきゆい)。早稲田大学レスリング部所属。女子フリースタイル50キロ級。千葉県松戸市出身。東京・安部学院高出身。スポーツ科学部1年。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる