Athletic Center早稲田大学 競技スポーツセンター

News

ニュース

【体操部】つり輪で髙橋一矢主将が優勝 ‐第72回全日本種目別選手権‐ 強豪社会人選手を破っての価値ある日本一

6月30日(土)~7月1日(日)に群馬・高崎アリーナで行われた第72回全日本種目別選手権のつり輪で、体操部の髙橋一矢主将(スポーツ科学部4年)が優勝し、つり輪日本一の栄冠を手にしました。

全日本種目別体操最終日  男子決勝 つり輪で優勝した髙橋選手(写真提供:共同通信社)

髙橋主将は前日の予選を6位で通過し、上位8選手だけが出場できる決勝へ初めて駒を進めました。決勝では3番目に登場し、各技を丁寧に実施しながら力強さも十分表現します。最後の後方かかえこみ2回宙返り2回ひねりも余裕をもって止め、14.766点をたたき出しました。その後登場した5選手が髙橋主将を上回ることができず、2位とわずか0.033点差の接戦を制しました。

演技に挑む前に集中を高める髙橋選手(写真提供:早稲田スポーツ新聞会)

力強い倒立を決める髙橋選手(写真提供:早稲田スポーツ新聞会)

今大会は世界選手権(10月開幕、ドーハ)代表選考会を兼ねており、社会人の強豪選手も多数出場しハイレベルな戦いが繰り広げました。その大会で学生が頂点に立ったことは大変価値が高く、主将のみせた気迫のこもった演技は体操部全体に勇気と勢いを与えました。

金メダルを手に喜ぶ髙橋選手(中央)と土屋部長兼監督(右)、浅野コーチ(左)

今後も髙橋主将、ならびに早稲田大学体操部への応援をよろしくお願いいたします。

 

全日本種目別体操最終日  男子決勝 つり輪で優勝した髙橋選手(写真提供:共同通信社)

ガッツポーズで声援に応える髙橋選手(写真提供:早稲田スポーツ新聞会)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/athletic/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる