Institute for Advanced Social Sciences早稲田大学 先端社会科学研究所

News

ニュース

社会デザインの理論と方法の開発プロジェクト

社会デザインの理論と方法の開発プロジェクト

概要

グローバルな環境・社会・経済・文化的な変容に対応するための
  1. 社会の変革と秩序の回復
  2. コミュニティレベルの新たなイニシアチブの開発
の2つをテーマに、政策・計画・開発の理論と実践の往還的な研究を行う。
具体的には、歴史的な社会意識とメディア表現、コミュニティ参加とアクション、共有資源管理、相互支援、コンテクスト構築、キャパシティ構築、コミュニティケアなどがテーマとなりうる。

構成メンバー

代表者:篠田徹
兼任研究所員:卯月盛夫、早田宰、佐藤洋一、落合基継
招聘研究員:土方正夫(早稲田大学名誉教授)、坪郷實(早稲田大学名誉教授)、沼田真一(博士(社会科学))、白林(Ph. D(東京工業大学))

設置期間

2016年4月1日~2021日3月31日
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/iass/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる