Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

News

ニュース

春季企画展「早稲田の通信講義録とその時代 1886-1956」3月開催決定!

今から130年前、創立まもない東京専門学校がはじめた講義録による通信教育事業。

中学校や女学校への進学さえ簡単ではなかった時代、全国津々浦々、植民地にも送り届けられた早稲田の講義録は、学校に通うことのできない多くの人々に学びの機会を提供した。

そこではどのような教育が営まれ、人々はそこに何を求めたのか――。

70年間、実に200万人以上が学んだ通信講義録に焦点を当て、かつてキャンパスの外に広がっていた「無形の学校」の実相に迫る。

  • 日時:2016年3月22日(火)~4月23日(土)10:00~17:00
  • 休館:日曜日 ※但し、4月3日(日)は開館
  • 場所:早稲田大学 早稲田キャンパス2号館 會津八一記念博物館1階 企画展示室
  • 料金:無料
  • 主催:大学史資料センター
  • 問い合わせ:早稲田大学大学史資料センター 042-451-1343

20160322_チラシ-01_re 20160322_チラシ-02_re

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 関連リンク

キャンパスの外に広がった“もう一つの早稲田” 200万人に購読された通信講義録の世界を紐解く

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる