Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【企画展】ニューヨークに学んだ画家たち―木村利三郎を中心に(2019年6月27日(木)~8月4日(日))

基本情報

  • 会期
    2019年6月27日(木)~8月4日(日)
  • 時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日
    7月3日(水)・7月10日(水)・7月17日(水)・7月24日(水)・7月31日(水)
  • 会場
    會津八一記念博物館 2階 グランド ギャラリー
  • 入館料
    無料

概要

戦後、とりわけ1960年代前後には、日本から多くのアーティストたちが、アートの最前線であったニューヨーク渡り、定住し、学び、制作を展開しました。当時はまだ1ドル360円という時代。アメリカと日本との格差も、さまざまな意味で大きい時代でした。
本展では、そうした時代背景のなか、彼らが何を考え、何を表現したかを検証します。とくに、2017年本館に寄贈された木村利三郎(1924年~2014年)の版画作品を中心とした作品群を体系的に、はじめて大々的に一般公開いたします。同時に、木村と交流のあった荒川修作、白井昭子(白井克彦元総長の姉)らの作品もともに展示し、当時ニューヨークで繰り広げられた日本人アーティストたちの動向の一端を浮きぼりにします。

展示作品(一部紹介)

展示リストはこちら

Dates
  • 0627

    THU
    2019

    0804

    SUN
    2019

Place

會津八一記念博物館 2階 グランド ギャラリー

Tags
Posted

Tue, 16 Apr 2019

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる