Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

往復書簡「はじめての演劇」第3回

早稲田小劇場どらま館×早稲田ウィークリーによるコーナー「演劇のはなし」では、これまで演劇になじみのなかった早大生を含む多くの人に向けて「演劇入門」「誰にでも伝わることばで」をキーワードに、さまざまな学部の教員陣ご協力の下、演劇の魅力を連載で伝えていきます。

往復書簡「はじめての演劇」では、コロナ禍により大学に関わる機会が少ない今年度の新入生に「演劇の面白さ」を伝えたいという思いを持つ文学学術院の水谷八也教授と、春学期に水谷先生の授業「欧米文化事情1」を履修していた文化構想学部1年の奥遥奈さんとのやり取りをお届けしています(これまでのやり取りは第1回第2回をご覧ください)。第2回の最後で水谷先生が予告した通り、その後奥さんは劇団「いいへんじ」の中島梓織さんと対面を果たすことになりました(当日の様子は早稲田小劇場どらま館Webサイトで座談会として公開予定)。往復書簡の最終回となる今回は、そんな座談会の場を振り返るところから始まり、あらためて演劇やダンスの魅力の根源にあるものを問います。

水谷 八也(みずたに・はちや)
早稲田大学文化構想学部教授。専門は20世紀英米演劇。編共著に『アメリカ文学案内』(朝日出版)、上演台本翻訳にソーントン・ワイルダー『わが町』、アーサー・ミラー『るつぼ』『彼らもまた、わが息子』、ジョン・オズボーン『怒りをこめてふり返れ』(小田島雄志翻訳戯曲賞受賞)など

奥 遥奈(おく・はるな)
文化構想学部1年。神奈川県出身。フェリス女学院高等学校卒業。中学・高校で演劇部に所属し、中学では照明スタッフ、高校では主に役者として活動。「欧米文化事情1」はシラバスの「イギリス演劇の歴史を通して演劇知を探る」という言葉に興味を持ったことで履修した


第四便(返信)

言葉にならない感情のやり場

第五便

「個人」の身体が持つ可能性

※いしいみちこ 著『高校生が生きやすくなるための演劇教育』(立東舎)

不安定な時代の可能性としての演劇

[メインビジュアル・挿絵]
文化構想学部 4年 葛綿 晴奈(かつわた・はるな)
千葉県出身。県立千葉東高等学校卒業。文化構想学部では表象・メディア論系で学び、幻影論ゼミに所属。デザイン専門学校「桑沢デザイン研究所」中退。イラストレーター、グラフィックデザイナーとして活動。2019年秋からどらま館学生スタッフとして、グラフィックデザインを担当

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる