Research Activities早稲田大学 研究活動

News

ニュース

3D・VRを用いた新たな臨場感の創出技術の提案 「見るだけで触感が伝わるシステム」「歴史的記録映像の3D化ソリューション」

早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 河合隆史研究室では、人間工学のアプローチを用いた立体映像(3D)やバーチャルリアリティ(VR)の応用・評価に関する研究に従事してきました。その成果として、「見るだけで触感が伝わるシステム」と、「歴史的記録映像の3D化ソリューション」という、新たな臨場感の創出技術を提案し、その実現例として3D・VRコンテンツを試作しました。

試作したコンテンツは、東京ビッグサイトで開催中の設計・製造ソリューション展(DMS)【6月19日~21日】において一般公開しました。

 

 

研究成果の概要

1. 見るだけで触感が伝わるシステム
映像を見るだけで触感が伝わるという現象を、簡易な仕組みで実現

早稲田大学 河合隆史研究室では、視覚誘発型「微触感」錯覚という、視触覚間の相互作用(クロスモーダル)を利用した、次世代のVR技術の研究に取り組んでいます。「見るだけで触感が伝わるシステム」は、手には何も触れていないにも関わらず、映像を見るだけで触感が感じられるという錯触現象を、きわめて簡便な仕組みで実現することに成功しました。

今回は、その応用例として、天候や気温等を示唆する視覚刺激と、それによって誘発される温冷感や風覚を制御することで、従来にない気象情報の体験を意図した「体感天気予報」を提案します。

* 本システムは、超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(URCF)との共同出展となります

「見るだけで触感が伝わるシステム」の概要

「見るだけで触感が伝わるシステム」の概要

本システムの応用例 「体感天気予報」

本システムの応用例 「体感天気予報」

 

2. 歴史的記録映像の3D化ソリューション
早大所蔵「坪内逍遙 最終講義(1927年撮影)」の3D化を実現

早稲田大学河合隆史研究室が、凸版印刷株式会社との共同により取り組んでいるテーマです。今回は、全カットに特殊処理を施すことで3Dの高品質化と同時に、映画監督やピアニストとのコラボレーションという、産学「芸」の連携による作品としての高付加価値化を目指しました。

3D化された『坪内逍遥 最終講義』の一場面 素材協力 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

3D化された『坪内逍遥 最終講義』の一場面
素材協力 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

3D化されたコンテンツを鑑賞しながらのピアノ伴奏 レコーディング中の風景

3D化されたコンテンツを鑑賞しながらのピアノ伴奏 レコーディング中の風景

 

  • 監督:七里圭
    高校時代の8ミリ映画が、ぴあフィルムフェスティバル’85で入選。早大在学中から映画の現場に入り、2004年、山本直樹原作「のんきな姉さん」で劇場デビュー。
  • ピアノ演奏:柳下美恵
    1995年、朝日新聞社主催の映画生誕100年記念上映会でデビュー以来、国内外の映画祭や映画館で、サイレント映画専門の伴奏ピアニストとして活躍。

*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

*ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

リンク

設計・製造ソリューション展

早稲田大学理工学術院基幹理工学部表現工学科・河合隆史

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/research/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる