Intercultural Communication Center (ICC)早稲田大学 ICC(異文化交流センター)

【参加登録期間: 12/16-1/8】アウトリーチ・プログラム @早稲田実業学校初等部(東京都国分寺市)(1/28)

 ボランティア活動をしてみたい。

外国人学生と仲良くなりたい。
子どもが好き。
異文化理解教育に興味がある。
将来学校の先生を目指している。

そんな方におすすめなのが、ICCアウトリーチ・プログラム!

早稲田大学の外国人学生と日本人学生がペアで授業案を作成し、異文化理解促進のための生きた教材として地域や地方の小・中学校や高校を主とした教育現場に出向き児童(生徒)たちと意見交換をしながら異文化を理解する力を養うための支援を行うプログラムです。

授業内容の詳細は、事前オリエンテーションでICCスタッフが説明します。
その後、ペアとなった学生と本番に向けて授業準備を進めていただきます。

アウトリーチの紹介映像

 

訪問日時 2016年1月28日(木)10:10 ~ 15:30(給食付)
※10:10 国分寺駅集合
訪問先 早稲田実業学校初等部(東京都国分寺市)
授業対象 小学3年生&4年生 (同じ内容の授業を2回実施)各クラス約35名
応募資格 早大生(すべてのミーティングおよび授業本番に参加可能な方)
※英語もしくは日本語でのコミュニケーションができれば応募可能です!
募集人数 6名(日本人学生3名、インターナショナル・スチューデント3名)
内容 国・文化紹介他、異文化理解教育に関する授業(90分×2回)
(パートナーと共同で授業案の作成・授業の実施・必要に応じて通訳)
今後の予定 1月13日(水) 12:20~12:50 初回オリエンテーション@ICC
1月20日 (水) 12:20~12:50  授業案確認ミーティング@ICC
1月27日 (水) 12:20~12:50 最終ミーティング@ICC
※オリエンテーション、ミーティングはすべて参加必須です。
※上記の他に、それぞれのペアで数回時間を設け、授業案作成、教材準備、必要に応じてリハーサル等が必要です。
申込方法 Waseda-net Portalにて応募申請をしてください。
「Waseda-net Portal」-「システム・サービス」-「申請フォーム入力」
– 「ICCアウトリーチ1月・ICC Outreach January」
申込締切 1月8日(金) 午前9:00
(結果は同日中にメールでお知らせしますので、必ず確認してください)
物品・交通費 交通費は派遣先学校から支給されます。その他授業準備に必要な物品(画用紙・カラーコピー等)は必要に応じてICCから支給します。
選考 応募者多数の場合は、訪問先学校からの要望および志望理由をもとに選考します。
参加者の自覚・責任感 本プログラムはボランティア参加となりますが、中学校での授業を担当するため、
いったん登録し準備を開始したら自己都合によるキャンセルは認められません。
スケジュール的にすべての日程をこなせることを自分自身でよく確認の上、責任を持って取り組んでください。

アウトリーチ参加者体験記

留学生の視点:子どもの目を通して見た日本と母国ブラジル
日本人学生の視点:留学生との「交流」から「協働」へ

 

お問合せ
TEL: 03-5286-3990           E-mail: [email protected]

Dates
  • 0128

    THU
    2016

Place

早稲田実業学校初等部(東京都国分寺市)

Tags
Posted

Wed, 16 Dec 2015

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/icc/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる