Green Computing Systems Research Organization早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構

News

ニュース

アドバンストマルチコアプロセッサ研究所「 IEEE ACM SC2018:Super Computing 2018」が開催されました。

IEEE ACM SC2018:Super Computing 2018技術展示会に出展しました。

  • アドバンスト・マルチコア・プロセッサ研究所
  • 開催日:11月11日(月)~16日(金)
  • 展示会名称:IEEE ACM SC2018:Super Computing 2018
  • 会場:アメリカ・テキサス州ダラス
  • 展示内容:OSCARコンパイラ、新規開発ベクトルマルチコアプロセッサのFPGA上での評価に、ARMホモジニアスおよびヘテロジニアスプロセッサ上での電力削減及び性能向上のNECパーソナルスパコンAurora-Tsubasa上でのOSCARコンパイラの性能に関する技術展示・デモ

IEEE ACM SC(スーパーコンピューティング)は高性能コンピュータに関する世界最大の会議で毎年1万人以上の参加者があります。2018年度はテキサス州ダラスKAY BAILEY HUTCHISON CONVENTION CENTER DALLASで開催されました。今年のSC2018は笠原教授(当研究所長)が会長をしているIEEE Computer Societyが運営を行った30周年記念大会であり、1万3千人以上の参加者がありました。
研究展示を行なうエキジビションは11月12日から17日まで行われ、御支援いただいた技術展示はITBLブース中に出展することにより、広大なエキシビジョンルームの中の米国大企業が集まる中央部で展示ができると共に、SC主催学会IEEE CS会長としてアワードプレナリーセッションを取り行なうことにより、世界の早稲田の存在感と最先端性を世界の方に示すことができました。

〈画像1〉4000人以上が参列したSCプレナリーセッションでのHigh Performance Computingにおける最高峰の賞であるSeymour Cray, Ken Kennedy, Sidney Ferbach賞の笠原教授からの授与の写真です。

画像1:Seymour Cray, Ken Kennedy, Sidney Ferbach賞 3つの授賞式の様子
    IEEE CS President Prof. Kasaharaより贈呈されました。

〈画像2、3〉ITBLコミュニティ(大学間共同ブース)にてポスター4枚と小型プロジェクターを用い、研究中のオスカー自動並列化・電力削減コンパイラと新規開発中のオスカーベクトルマルチコアプロセッサのFPGA上での処理性能紹介とARM Big Littleプロセッサを用いてカメラ撮影動画像からの人の顔の認識とその際の消費電力削減、及びARM AS4コアを用いたマルチメディアアプリケーションの高速化と電力削減のデモ、NECパーソナルスーパーコンピュータAurora上でのOSCARコンパイラによる並列処理性能の紹介を行いました。

画像2:ITBLコミュニティブースにおける早稲田大学展示コーナー
テーブル上にARMA94コアとARM Big・Little8コアを設置し、コンパイラによる速度向上と電力削減デモを行いました。

画像3:展示ブース周辺の様子 人通りの多い場所にITBLコミュニティがブースを確保し、その中核ブースとして早大が展示を 行いました。

画像4:早稲田大学アドバンストマルチコア研究所展示説明者と筑波大学計算科学研究センター朴教授と笠原研OB明星大和田教授。同氏は笠原研のブースを見るために捜して来てくださいました。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gcs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる