Green Computing Systems Research Organization早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構

News

ニュース

グローバルロボットアカデミア研究所がInterop Tokyo2018アカデミックイノベーションに出展されました。

 Interop Tokyo2018アカデミックイノベーションが出展されました。

  • 出展者:早稲田大学 岩田浩康研究室
  • 開催日:6月13日(水)~6日15日(金)
  • 展示会名称:Interop Tokyo2018 アカデミックイノベーション
  • 会場:幕張メッセ
  • 展示内容:足圧計測インソールと振動ベルトを駆使した知覚共感型遠隔リハビリシステムを実機・ポスター・動画にて展示した。ポスターでコンセプトや機器概要を、動画で臨床試験結果を説明した。またポスターや動画および、ポスターの内容をまとめたチラシをベースにしつつ、実機に実際触れてもらうなどしてインタラクティブに説明した。

知覚共感ベルトをベースに知覚共感型遠隔リハビリシステムを展示し、企業の技術者やメディアなど様々な方に対して説明を行った。およそ250人の来客があり、協力などに前向きなお声も頂いた。遠隔リハビリ・共感といったキーワードや、実機の簡便さ、臨床結果などに興味を持つ方が多く、そうした点でIoT関連の新事業展開を探している方の反応は良かった。一方、事業化を目指したとき法的な観点や、ビジネスの観点から如何にして企業の協力を得るかといった懸念やアドバイスを頂いた。またオンラインで行われている企業とのマッチング企画への参加の提案や助成金の案内も頂いた。以上のように、主目的であった企業マッチングはじめ、それに向けたアドバイス、並びに他のマッチングや助成の情報などの収穫が得られた。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/gcs/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる