Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

比較考古学研究所
Institute of Comparative Archaeology

研究テーマ

①古代マヤ文明を中心とした都市文明の研究,②考古学データの三次元化,③ポストCOVID-19における文化遺産と社会

研究キーワード:考古学,古代文明,三次元計測,文化資源,民族文化観光,国際文化協力

研究概要

本研究所では,研究テーマを(1)古代マヤ文明を中心とした都市文明研究,(2)考古学データの三次元化,(3)ポストCOVID-19における文化遺産と社会とする。

(1)古代マヤ文明を中心とした都市文明研究
本研究所には,中央アジア,東南アジアなどの他地域の都市文明を研究対象とする所員も所属していることから,学部生,大学院生を巻き込んだシナジー効果を引き出せるような研究会の定期的な開催を予定している。

(2) 考古学データの三次元化
後述するように,委託研究計画が従来のものから変更が生じる可能性が高く,当初のレーザースキャナによる測量ではなく,資金面で安定するまでは,SfMを利用した三次元データの生成を中心軸とし,現在あるデータの検証と実験を継続する。必要に応じて,本研究の対象である重層建造物の内部構造に類似した特性をもつ国内遺跡・遺構でのデータ採取も視野に入れたい。

(3)ポストCOVID-19における文化遺産と社会
COVID-19の感染拡大が,持続可能な開発としての観光産業,とりわけ古代文明関連遺跡観光には甚大な影響を及ぼし,経済・産業基盤の脆弱な開発途上国には大打撃となった現実を目のあたりにした。本研究所では継続してホンジュラス共和国コパン遺跡と周辺地域での調査研究を目指すことには変わりないが,同国では2020年に二度のハリケーンが襲い,コパン遺跡にも被害が及んでおり,現地調査が再開できるようになるまでは,予定していた三次元測量の委託研究ではなく,現地博物館の整備等に関する協力に振り替えることも視野に入れ,調整中であり,現地の感染状況については,逐次モニタリングしている(2月23日現在,感染者数165737人,死者4024人)。なお,近日中にこの件については,人類学歴史学研究所所長より,総合研究機構宛に書面が発出される予定である。(3)のテーマは,考古学研究が現代社会にどのようにコミットしていくのかということを問うものであり,パブリック・アーケオロジー的アプローチも採用する。

所長

寺崎 秀一郎[てらさき しゅういちろう](文学学術院)

メンバー

【研究所員】
寺崎秀一郎(文学学術院教授)
近藤 二郎(文学学術院教授)
城倉 正祥(文学学術院教授)
高橋龍三郎(文学学術院教授)
田畑 幸嗣(文学学術院教授)
森下 壽典(高等学院教諭)

中村 誠一(客員上級研究員(研究院客員教授))

連絡先

[email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる