Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

日本古典籍研究所
Research Institute of Japanese Classical Books

研究テーマ

グローバルな視野からみる日本古典籍研究

研究キーワード:古典籍、古典学

研究概要

 日本古典籍研究所ではこれまで、日本古典籍研究を主軸とし、日本の「文」の世界をめぐる研究を行うとともに、個別の和漢文作品の読解や研究、また古典籍に関する調査や研究を、国内外の研究者とも連携しながら進めてきた。そして2021年度以降は、これまでの研究成果をふまえつつ、21世紀の現在における古典学の意義や課題を改めて問い直し、発信していくことを目指し、さらにグローバルな視野から日本古典籍を捉え、過去から現在に至る人文知の歩みについて研究を継続、展開していく。具体的には、以下の6項目を柱として研究活動を進める。

1.渤海関係文筆資料の研究
2.『懐風藻』研究
3.漢詩文データベース作成
4.日本における「文」の概念をめぐる通史を描き出す研究
5.東アジアと世界の古典学の比較研究
6.日中古典籍の交流と融合をめぐる研究

 以下、それぞれの研究計画を記す。
1.渤海関係文筆資料の研究 8世紀から10世紀初頭にかけて行われた日本と渤海との外交に関する文筆資料は、東アジアに展開した漢字漢文文化の貴重な遺産である。これまでも隔月で開催してきた研究会を継続し、日本と渤海の間で取り交わされた文筆資料の精緻な読解と注釈の作成を進め、その成果を『早稲田大学日本古典籍研究所年報』にて公表する。
2.『懐風藻』研究 『懐風藻』詩の精緻な読解と注釈の作成を進めるべく、研究会を毎月1回のペースで継続する。研究会は2021年7月に一旦終了の予定である。研究会の成果は注釈書として刊行する(2022年度中に刊行予定)。
3.漢詩文データベース作成 業者に依頼した電子データの校正作業を行うとともに、新たなテキストの電子化やデータのWeb公開も実現すべく、科研費等の外部予算の獲得を目指す。
4.日本における「文」の概念をめぐる通史を描き出す研究 2015年から2019年にかけて研究を進め刊行を実現した『日本「文」学史』全三冊(勉誠出版)シリーズの執筆から得られた知見を基として、日本における「文」の概念に、いつ、なぜ、いかなる変化や変革があったのかを改めて検討し、文・史・哲の枠を超えた日本の学知の歴史を「文」の概念の変遷や画期から描き出す著作を執筆する。具体的には、招聘研究員のWiebke DENECKEマサチューセッツ工科大学教授と連携し、「文」の概念や文学史研究に関する先行研究や原文資料を共同研究の形で読み進めながら研究を進めていく。
5.東アジアと世界の古典学の比較研究 2019年6月に招聘研究員のWiebke DENECKE教授と共同して開催したワークショップ「21世紀の人文知とは――世界の古典学から考える」におけるディスカッションを基点として、日本、東アジア、インド、ペルシア、ヨーロッパなど世界各地域の古典学の立場から人文知のあり方を比較検討し、論文集として刊行することを目指す。方法としては、比較古典学のビジョンについてのトーク・ディスカッションを開催して重要なコンセプトを抽出し、成果論文集の構成や目次を練り、執筆を進める。
6.日中の古典籍の交流と融合をめぐる研究 日本における日本古典学研究者と、中国における中国古典学研究者との学術交流を通して、日中の古典籍研究のさらなる推進を目指す。具体的には、北京大学人文学部、北京大学中国語言文学系と連携して、「中日古典学ワークショップ」を毎年持ち回りで開催して、その成果を公刊していく。ワークショップにおいては、毎年、古典籍、古典学に関わる具体的なテーマを設定し、それぞれの発表とディスカッションが有効に展開するものとしていく。

 日本古典籍研究所では、以上の6つの項目を柱として、研究所員、招聘研究員が協同して、研究を進めていく。人文学の危機、あるいは古典学の危機ともいわれる現況において、その危機を、むしろ人文学や古典学の意味を再考する画期として捉え、改めてその歩みを振り返り検証しながら、現在の人文学や古典学が抱える課題を明らかにしつつ、現在そして将来における人文学や古典学の意義や役割を探ることを目指していきたい。

所長

河野 貴美子[こうの きみこ](文学学術院)

メンバー

【顧問】
新川 登亀男(早稲田大学名誉教授)

【研究所員】
河野 貴美子(文学学術院教授)
陣野 英則(文学学術院教授)
高松 寿夫(文学学術院教授)
田中 史生(文学学術院教授)
吉原 浩人(文学学術院教授)
松本 直樹(教育・総合科学学術院教授)

【招聘研究員】
赤塚(松本)史(学校法人華学園華栄養専門学校管理栄養士科非常勤講師)
荒川 聡美(杉並学院高等学校非常勤講師)
岩田 久美加(東京福祉大学講師)
梅田 径(早稲田大学非常勤講師)
何 華珍(浙江大学人文与伝播学院教授)
葛 継勇(中国鄭州大学副教授)
金 孝淑(世宗大学校招聘教授)
龔 嵐
藏中 しのぶ(大東文化大学外国語学部日本語学科教授)
Clements Rebekah(The Autonomous University of Barcelona Professor)
顧 姍姍(東洋大学法学部法律学科講師)
徐 磊(浙江工商大学東方語言文化学院専任講師)
蒋 義喬(北京師範大学外文学院准教授)
鈴木 正信(文部科学省小等中等教育局教科書調査官)
高津(柳川)希和子(渋谷教育学園渋谷中学高等学校教諭)
高橋 憲子
張 新朋(浙江工商大学東亜研究院准教授)
張 哲俊(北京師範大学院教授)
DENECKE WIEBKE(ボストン大学准教授)
杜 軼文(埼玉栄高等学校・中学校非常勤講師)
卞 東波(南京大学文学院准教授)
緑川 眞知子(非常勤講師(早稲田大学文学学術院))
柳川 響(同志社大学文学部国文学科助教)
山口 えり(広島市立大学国際学部准教授)
山崎 明
李 満紅(青山学院大学非常勤講師)
劉 雨珍(中国南開大学外国語学院日本言語文学科教授)
廖 栄発  
林 忠鵬(東北師範大学教授)
呂 順長(浙江工商大学教授)
ワトソン マイケル(明治学院大学国際学部国際キャリア学科教授)

連絡先

[email protected]

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる