Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

その他

キャリアデザインと学習サービス研究所
Research Institute for Career Design and Learning Services

研究テーマ

実践と理論の有機的結合手法による「キャリアデザイン学」と「学習サービス論」の構築と、その融合による「高等教育機関におけるキャリアデザイン能力育成」のための実学方法論を確立することを目標とする。

分野:教育

研究概要

「キャリアデザインと学習サービス研究所」(2015年4月~2020年3月)を発展的に継続するために,さらに,5年間(2020年4月~2025年3月)の再設置をお願いしたい.

この5年間では,本研究所の下記研究テーマを継続してより高度化することを計画している.

【研究テーマ】
(1)「キャリアデザイン学」の実践と評価,分析
(2)「学習サービス」に関する社会的ニーズへの対応
(3)サービスとしての学習・教育に関する検討

(1)に関しては,グローバル・エデュケーションセンター設置科目「キャリアデザイン学」の授業の実施,評価を通して,カリキュラム,教授方法の開発と体系化をより高度化する.そのために,「キャリアデザイン学」担当の企業講師を招聘研究員として迎え入れ,研究会を定期的に開催する予定である.特に,本研究所開設当初の目的であった下記の④,⑤以降を中心的課題として研究を実践的に推進する(①~③に関しては既設の「キャリアデザインと学習サービス研究所」の活動で概ね達成することができた).
 ①:ニーズに基づく教育内容の整備とキャリア形成に関する研究の推進
 ②:カリキュラム開発・教材開発,および実学のマネジメントシステムの開発
 ③:学部生・大学院生の教育プログラムの開発
 ④:企業(中堅クラス)の研修プログラムの開発
 ⑤:実学(キャリアデザイン学)の学問体系化
なお,公開シンポジウム等を開催することによって成果を広く公開することも計画している.

(2)に関しては,一般社団法人人材育成と教育サービス協議会と連携して,中央省庁や自治体からの受託事業を中心に「学習サービス」に関する実践,研究,普及を行う予定である.特に,「学習サービス」の質保証に関する方法論,評価方法について検討し,実践的研究として推進する.研究的側面に関する成果は関連学会等を通して広く公開する.

(3)に関しては,「学習サービス」の構成要素に関する理論的,技術的,実践的研究を松居を中心にした所員の研究として推進する.特に,再設置後は他の所員と共同を積極的に行い,研究所の研究活動をより活性化させる.さらに,「学習過程データの分析と可視化による学習最適化」の研究を企業との共同研究として推進する.成果は関連学会等を通して広く公開する.

研究報告

【2017年度】
2017年度は以下のような活動を行った.
(1)キャリアデザイン分野
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター(GEC)設置科目「キャリアデザイン学」は所長(松居)の都合で休講とした.本授業はその準備段階(授業は2010年度開講)から8年が経過し一定の成果を得たため,今後の新たな段階に向けて授業内容を全面的に見直すことになった.2017年度は2018年度以降の授業内容についての再構成を行った.
(2)学習サービス分野
厚生労働省平成29年度委託事業「民間教育訓練機関に対する質保証の取組支援の実施事業」に参画した.また,ISO/TC232国内審議委員会を開催し,ISO29990等の「学習サービス」に関する社会的ニーズへの対応,ISO29990の普及と実装に関する活動を通して,「キャリアデザイン学」の高等教育のみならず社会人教育,生涯学習との接続性の検討を行った.
(3)その他
サービスとしての学習・教育に関する研究,および「学習サービス論」を構築するための必要要件に関する研究を行った.特に,学習サービスを実現するための構成要素についての研究開発を行った.具体的には「メタ認知に基づく学習過程の構築と実践」,「学習エビデンスのための学習者の心的状態の推定方法」,「脳機能モデルに基づくインタフェース設計指針の検討」について研究・開発・実践を行い,国内外の関連学会での発表を行った.

【2016年度】
2016年度は以下のような活動を行った.
(1)キャリアデザイン分野
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター(GEC)設置科目「キャリアデザイン学」の運営と評価を行った,受講生は全学から約60名であった.本授業はその準備段階(授業は2010年度開講)から8年が経過し一定の成果を得たため,今後の新たな段階に向けて授業内容を全面的に見直すことになった.
(2)学習サービス分野
厚生労働省平成28年度委託事業「民間教育訓練機関に対する質保証の取組支援の実施事業」に参画した.また,ISO/TC232国内審議委員会を開催し,ISO29990等の「学習サービス」に関する社会的ニーズへの対応,ISO29990の普及と実装に関する活動を通して,「キャリアデザイン学」の高等教育のみならず社会人教育,生涯学習との接続性の検討を行った.
(3)その他
サービスとしての学習・教育に関する研究,および「学習サービス論」を構築するための必要要件に関する研究を行った.特に,学習時の生体情報,行動情報からの学習者の心的状態の推定方法に関する研究を行い,国内外の関連学会において研究成果に関する発表を行った.

所長

松居 辰則[まつい たつのり](人間科学学術院)

メンバー

【研究所員】
松居 辰則(人間科学学術院教授)
楠元 範明(教育・総合科学学術院教授)
尾澤 重知(人間科学学術院教授)
金子 孝夫(人間科学学術院教授)

【招聘研究員】
麻野 慎哉(株式会社内田洋行北海道地域事業部営業部営業1課課長)
櫻瀬 公美(一般社団法人人材育成と教育サービス協議会運営委員会副委員長)
宮澤 賀津雄(ISO/TC232国内審議協議会委員長)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる