Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

オペラ/音楽劇研究所:11月研究例会のご案内

早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所 11月研究例会のご案内

▼2021年11月研究例会(第198回オペラ研究会)
  • 日        時   :2021年11月6日(土)16:30-18:00
  • 開催方式   :オンライン開催(Zoom使用)
  • 発  表  者   : ニューエル・アントニー
  • 所属・資格 : 早稲田大学政治経済学術院・教授
  • 題        名   :『82のキーによるオペラ:19世紀前半のオペラとピアノの融合』
  • 発表言語   : 英語
  • 司  会  者   : 笠原 真理子
  • 概        要   :
    音楽の世界では、オペラとピアノは長い間別々の分野として確立されてきましたが、19世紀前半、特に1830年代と1840年代の20年間に、打楽器的要素も含むピアノに「歌わせる」という発想が生まれ、この2つが融合しました。新種のピアノのヴィルトゥオーゾが登場し、演奏だけでなく、当時流行していたオペラの旋律を使って作曲するなど、聴衆を驚愕させ、しばしばヒステリー状態に陥らせることもありました。
    西洋のオペラもピアノも、その起源はイタリアに遡りますが、ここで取り上げる二十年の間、ヨーロッパの音楽シーンを支配していたのはフランスの首都パリでした。本プレゼンテーションでは、オペラとピアノのそれぞれの歴史を簡単に説明した後、前者の音楽が後者のレパートリーに影響を与え、鍵盤楽器の技術がそれまでとは比較にならないほど飛躍的に拡大した過程を紹介します。
    パリに集まった多くの名手の中で、鍵盤楽器の能力という点では、フランツ・リストとシギスモンド・タールベルクの2人が最も優れていたと言われています。彼らがオペラの旋律からインスピレーションを得て制作した作品を紹介します。
注意

事前申し込みが必要です。参加希望者は11/3(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/SJDBUfdvaJLwAeky9)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(11/5)にフォームに入力したメールアドレスに招待メールをお送りします。
ご出席の際お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。
発言時以外はミュートにしてください。

発表者プロフィール

早稲田大学政治経済学術院教授。言語学者として、早稲田大学では主に英語教育と社会言語学に取り組んでいますが、今回の発表では、オペラとピアノへの生涯にわたる興味をベースにします。そのきっかけは、高校時代の3年間、イタリアのミラノに住んでいたことです。ミラノの有名なスカラ座から徒歩10分のマンションに住んでいて、オペラシーズンには頻繁に公演に出かけました。それから高校に通う傍ら、毎週ミラノ音楽院「ジュゼッペ・ヴェルディ」でピアノのレッスンを受けました。

次回例会開催予定日

次回例会開催予定日:2021年12月4日(土)
報告者:荻野 静男
司会者:柳下 恵美

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:
https://w3.waseda.jp/prj-opera-mt/
e-mail address: operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)
(この例会案内は後ほど FacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

Dates
  • 1106

    SAT
    2021

Place

ZOOM開催

Tags
Posted

Tue, 28 Sep 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる