Comprehensive Research Organization早稲田大学 総合研究機構

News

ニュース

オペラ/音楽劇研究所:6月研究例会のご案内

▼2021年度6月研究例会(第195回オペラ研究会)

研究発表
  • 日  時 :2021年6月19日(土)16:30-18:00
  • 発 表 者:ブロッソー,シルヴィ(早稲田大学政治経済学部教授)
  • 題  目 :パリのオペラ座について―19世紀の首都における都市計画、建築、社会的完成
  • 言  語 :日本語
  • 司 会 者:大田美佐子
  • 開催方式:オンライン開催
  • 概  要 :
    パリ・オペラ座は19世紀半ばのヨーロッパで折衷的な建築と歴史主義的なスタイルを表現している代表的なモニュメントです。19世紀半ばのヨーロッパで、オペラ座は偉大なものの一つです。ナポレオン三世(1808-19873)の政権下ではパリの都市改造がオスマン知事(1809-1891)により率いられ、オペラ座はその代名詞でもありました。コンペで選ばれた無名の若き建築家、シャルル・ガルニエ(1825-1898)によって設計されています。1861年に着工しますが1870年の普仏戦争と第二帝政(1852年~1870年)の崩壊により建設が中断しますが、それを経て1873年に建設を再度着手します。 1875年についにオペラ座がオープンし、注目を浴びるようになります。第三共和政権下のブルジョア文化の社交場であると同時に現在に至るまでの公的なレセプションの場として利用されます。
    新しい都市システムの一環として、オペラ座とその街道の有様、建築過程、当時の社会的役割について考えたいと思います。
注 意

1.事前申し込みが必要です。参加希望者は6/16(水)までにGoogleフォーム(https://forms.gle/hv7Fxye5fk4D31LC6)から、ご氏名、所属、連絡先(メールアドレス)を記入してお申し込みください。前日(6/18)にフォームに入力したメールアドレス宛に招待メールをお送りします。
2. お名前の表示をお願いします。カメラをonにする必要はありません。発言時以外はミュートにしてください。

報告者プロフィール

ブロッソー,シルヴィ

パリの国立建築大学で建築を勉強し、ソルボンヌ大学、地理学院で都市計画を研究の後に日本の文部省給費留学生として来日。東京工業大学で坂本一成研究室に留学。
現在は早稲田大学政治経済学部教授。歴史学的視野から、また、実際の生活経験を通して、東京に於ける都市と自然との関係を研究している(場所、行動、四季の感知、等)。日本の現代建築も研究している。
Japarchi https://japarchi.fr/(日本の建築、都市及び景観に関するフランス語系研究者の学術ネットワーク)研究代表者。

次回例会開催予定日

開催予定日:2021年7月17(土)
報告者:大崎さやの
司会者:荻野静男

早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所:
e-mail address : operaken-uketsuke[at]list.waseda.jp ( [at] = @)

(この例会案内は後ほど FacebookTwitterでも発信されますので、そちらでも見ることができます。)

Dates
  • 0619

    SAT
    2021

Place

オンライン開催

Tags
Posted

Tue, 27 Apr 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/cro/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる