Center for Higher Education Studies早稲田大学 大学総合研究センター

News

ニュース

【2021/ 1 /13 ZOOM開催】第6回Faculty Café

2020年度第6回Faculty Caféは、早稲田大学の西多昌規准教授による「コロナ禍・デジタル化とメンタルヘルス ―デジタル・オンライン疲労への対処法―」をテーマとしたワークショップをZOOMにて開催いたします。

コロナ禍のなか、ほとんどの講義がオンライン授業に変わりました。会議や面談も、Zoomなどビデオ会議ツールで行われる状況が今後も続くと思われます。この8月に実施した教員授業アンケートでは、「疲れた」「ストレスを感じる」など、悲鳴にも似た声がたくさん上がってきています。
西多先生は、学生から不安やストレスについて聞く機会も多い一方で、デジタル環境に疲れを感じている教員からも不満や愚痴を聞く機会が頻繁にあるそうです。ご自身も含めてどのような対処法があるのか悩む日々のようですが、先行き不透明なコロナ禍の状況において、急速なデジタル化・オンライン化に疲弊した教員の方々に、メンタルヘルスに関するサポートを積極的に行っています。
当日のカフェでは、オンライン講義における教員のストレスについて解説してから、デジタル化・オンライン化による教員のストレス緩和策を紹介する予定です。役立つ情報をたくさん紹介しますので、疲れを感じている方はぜひ参加してください。

講師プロフィール

西多 昌規
早稲田大学スポーツ科学学術院・准教授、早稲田大学睡眠研究所・所長。博士(医学)。1996年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学精神行動医科学・助教、ハーバード大学医学部精神科・客員研究員、自治医科大学精神医学教室・講師、スタンフォード大学医学部睡眠・生体リズム研究所・客員講師などを経て、2017年より現職。日本精神神経学会精神科専門医、日本睡眠学会専門医・評議員、日本老年精神医学会専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医など。医療法人docilisすなおクリニックにて、睡眠障害・発達障害を中心とした外来診療も行っている。専門は睡眠医科学、身体運動とメンタルヘルス、アスリートのコンディショニング、メンタルケアなど。著書に『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』『休む技術』(大和書房)など多数。

【日時】 2021年1月13日(水) 16:00-17:30
開催】 ZOOMにて開催(事前登録制)
対象】 早稲田大学教職員のみ
申込】 MyWaseda Application Form

※申込受付の自動返信メールで、ZOOM登録用URLをお知らせします。登録いただきますと、登録いただいたメールアドレスに参加URLが届きます。

【問合せ先】
大学総合研究センター
E-mail:watac[@]list.waseda.jp

 

Dates
  • 0113

    WED
    2021

Tags
Posted

Fri, 04 Dec 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ches/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる