Institute for Advanced Social Sciences早稲田大学 先端社会科学研究所

News

ニュース

「人権侵害としての社会的排除とその救済手法」研究

「人権侵害としての社会的排除とその救済手法」研究

概要

本研究は、「社会的排除」と呼ばれる問題現象に着目することにより、これまで十分に意識されていなかった権利排除プロセスの中に憲法上保障された基本的人権の侵害を認定できる問題発見枠組みを開発し、それに対応した権利保障システムの構築を目指すものである。特定個人を排除へと追い込む慣行等は、どのような場合に権利侵害性が認定される対象となるのか?
これを明らかにするために、多くの法システムで採用される間接差別禁止の体系的位置と射程の比較研究を行い、排除過程の中に差別的要素および/または社会権侵害性を認定できる枠組を探求し、もって、自由権と社会権の接合方法に関する知見の深化を目指す。

構成メンバー

  • 代表者:棟居徳子
  • 兼任研究所員:遠藤美奈(教育・総合科学学術院)
  • 招聘研究員:清水敏(早大名誉教授)、植木淳(名城大学)、杉山有沙(帝京大学)、黒岩容子(弁護士)、小池洋平(博士(社会科学))、今井健太郎(都留文科大学)、淡路智典(東北文化学園大学)

設置期間

2016年4月1日~2021年3月31日
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsss/iass/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる