Global Information and Telecommunication Institute早稲田大学 国際情報通信研究センター

News

2017年度GITIフォーラム「情報通信技術の医療分野への役割と今後」開催(2017/6/16)

2017年度GITIフォーラム

<終了いたしました。ご参加、ご登録いただいた皆様ありがとうございました。>

<講演者の発表資料を公開いたしました(2017年7月21日更新)。>

 

【テーマ】

情報通信技術の医療分野への役割と今後

【開催概要】

 主       催:早稲田大学 国際情報通信研究センター(GITI)

 共       催:GITI-Alliance/公益財団法人電磁応用研究所

 後   援  :  総務省

 協    賛:EWE 早稲田電気工学会

 日       時:2017年6月16日(金曜日)13:00-(開場:12:30)

 対       象:研究者・学生・大学院生・一般

 会       場:早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館2階04、05会議室 GITI Forum会場案内

 参  加  費:入場無料

 参加登録:参加ご希望の方は事前申込フォーム(http://www.info.giti.waseda.ac.jp/giti-forum2017/)よりご登録ください。

【プログラム】 ※詳細はこちら   GITIフォーラム プログラム

<プログラムは変更する場合がありますのでご了承ください。>
<ご参加を希望される方は上述の申込フォームより事前登録をお願い申し上げます。>
 
総合司会  嶋本薫(国際情報通信研究センター副所長)

13:00-13:05 開会の辞 佐藤拓朗(国際情報通信研究センター所長)

13:05-13:35 <講演> 「情報通信とAIに関する技術政策について~総務省の取組みを中心に~」

               【講演資料】

      山田和晴(総務省 情報通信国際戦略局 技術政策課 オリンピック・パラリンピック技術革新研究官)

    <第一部:放射線医学と情報通信学との融合の体系化>

13:35-14:05 <講演>   「メディカルマルチメディア医工学の実現への課題」

      富永英義 (GITI-Alliance主宰/電磁応用研究所所長・早稲田大学名誉教授・工学博士)

13:35-14:05 <講演>  「デジタル化時代を迎えた放射線治療の現状と課題」

                                              【講演資料1/2】 【講演資料2/2】

      唐澤克之(がん・感染症センター都立駒込病院放射線診療科治療部 部長・医学博士)

14:05-15:25 <講演>  「人体3Dアトラスの過去、現在、未来」【講演資料】

      鈴木直樹(東京慈恵会医科大学 教授・高次元医用画像工学研究所所長・医学/工学/理学博士)

15:25-15:40 休憩

                 <第二部:生命情報とICT>

15:40-16:20 <講演>  「生命情報のプライバシ保護データマイニング」【講演資料】

      清水佳奈(早稲田大学准教授・博士(工学))

16:20-17:00 <講演>  「生命科学の現状と将来~そのICTの役割と課題~」【講演資料】

              辻井潤一(産業技術総合研究所 人工知能研究センター所長・工学博士)

17:00-17:20 実績報告 佐藤拓朗(国際情報通信研究センター所長)

17:20-17:25 閉会の辞 嶋本薫(国際情報通信研究センター副所長)

※ご不明な点があれば 国際情報通信研究センター事務所 [email protected]

 もしくは公益財団法人電磁応用研究所 http://www.dolab.jp/ までお問い合わせください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fsci/giti/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる