Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

News

SGU・現代政治経済研究所共催セミナー/ TGU・WINPEC Joint Seminar11月23日(木)/ November 23,Thursday

11月23日(木)に行われます、セミナーの日程、場所などにつきましてご案内申し上げます。

This notice is to inform you of the Seminar on November 23,Thursday.

———————————————–

 

11月23日(木)に比較政治学(特にラテンアメリカ政治)分野で国際的にも重要な研究をされています、スタンフォード大学のアルベルト・ディアス・カジェロス先生とベアトリス・マガローニ先生をお呼びし、セミナーを開催いたします。お二人の先生は、権威主義体制、クライアンテリズム、貧困削減等のご研究で多大な貢献をされていますが、今回は、多くの発展途上国が共通して直面する問題である暴力的犯罪について、現在進行中のプロジェクトについてご講義いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

 

We are delighted to announce that on November 23 (Thursday), Prof. Alberto Diaz-Cayeros (Stanford University) and Prof. Beatriz Magaloni (Stanford University) will give a talk at Waseda University. They have published important works on comparative politics (especially on Latin America) and political economy in top academic journals, and their works on authoritarianism, clientelism, and poverty alleviation are highly regarded around the world.  They will make a presentation on their ongoing project on political violence in Latin America.  We look forward to your participation in the seminar. Thank you.

 

【日時 / Date】

11月23日(木)、14:45-16:15、

November 23 (Thursday), 14:45-16:15

 

【場所 / Venue】

3号館10階第1会議室、

Conference Room 1 on the 10th floor of Building 3 (Waseda Campus)

 

【講演者 / Speakers】

アルベルト・ディアス・カジェロス先生(スタンフォード大学Freeman Spogi国際問題研究所・上級研究員)、

ベアトリス・マガローニ先生(スタンフォード大学政治学部・准教授)/

Alberto Diaz-Cayeros  (Senior Fellow, Freeman Spogli Institute for International Studies, Staford University),

Beatriz Magaloni (Associate Professor, Department of Political Science, Stanford University)

 

【タイトル / Title】Violent Crime as a Development Challenge

 

【概要 / Abstract】

Violent crime constitutes a neglected global development challenge. The phenomenon includes many forms of violence beyond homicide, including kidnappings, disappearances, gunfights, and mafia extortion by armed criminal groups. Violence imposes serious human costs in terms of life lost, human suffering and abuse of human rights  – the rights to life and security. Violent crime also hinders economic development. Although these costs affect society at large, victims and perpetrators of homicides are more likely to be among the poor residing in urban neighborhoods. Criminal violence increases social polarization, undermines social cohesion and trust in institutions, and perpetrates social exclusion. This paper draws from the Global Burden of Disease (GBD) dataset to provide a global picture of the correlates of murder in the world. After we lay out the basic stylized facts of the dispersion of murder in the world, we proceed to review the existing literature to explain some of these patterns. A particularly noteworthy phenomenon is that Latin America is by far the most violent region of the world, both in terms of sheer numbers of people who die violently and in terms of its homicide rates. Drawing from the existing literature and the correlates of murders we discuss some hypotheses about how income inequality, urbanization, social cohesion, institutional fragility, and the population’s age distribution may increase a country’s risk. We provide some mechanisms for the dynamics of violence. drawing from  the cases of Mexico and Brazil. We do not claim to offer causal identification but some of these correlations, particularly regarding inequality, are so striking that they cannot be ignored. We also highlight other key variables, including the availability of guns and a country’s geographic position and comparative advantage in the production and trafficking of drug crops, which increase a country’s risk.

 

暴力的な犯罪は、世界規模で見られる、これませ見過ごされてきた発展に対する重大な挑戦である。暴力的犯罪は、殺人、誘拐・失踪、銃撃戦、武装犯罪集団による恐喝など多岐に渡る。人権侵害、人的被害、安全な生活への脅威など、暴力が引き起こす人的費用は甚大であることに加えて、経済発展にも負の影響を与える。その被害は、特に都市周辺部に居住する、貧困層に集中している。こうした暴力行為は、社会を分極化させ、社会的結束を妨げ、制度に対する信頼を低下させ、ひいては社会的排除を常態化させる。本報告では、”Global Burden of Disease (GBD)”データセットを用いて、世界における殺人の発生要因について概観を示すとともに、先行研究を検討する。特に、ラテンアメリカは、世界でも殺人を含む暴力犯罪が著しい地域であることを論じ、所得格差、都市化、社会的結束、制度的脆弱性、人口の年齢分布が暴力的犯罪の規定要因であることを議論する。さらに、メキシコとブラジルの事例に焦点を絞り、暴力のダイナミックスのメカニズムを提示する。現段階では、厳密な因果推論を行うことはしないが、所得格差が極めて重要な要因であることを示す。その他、銃の利用可能性、その国の地理的位置、麻薬の生産と運搬における比較優位が、各国の暴力リスクを増加させる要因であることを強調する。

 

【招聘教員 / Organizers】マリッサ・ケラム、高橋百合子

Marisa Kellam,  Yuriko Takahashi

 

【言語 / Language】  英語、English

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる