Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

About the Institute

研究所について

Educational Policy, History, School Overview

理念・沿革

理念

「現代日本の政治学・経済学的研究、およびこれに関連する政治学・経済学の基礎的研究を目的」として設立され、その後、「現代日本のマス・コミュニケーション研究」が加えられた。現在は、現代社会が直面する政治、経済、ジャーナリズム、マス・メディアの諸課題を取り上げて研究し、すぐれた分析を提示するとともに、各界に有益な政策提言をなすことを基本的理念として、研究活動を行っている。
政治経済学術院の研究拠点であるとともに、早稲田大学の政治・経済・ジャーナリズム研究の中心的機関となっている。

沿革

1966年 政治経済研究所設置準備委員会の設置
1971年 政治経済研究所設置準備委員会再設置
1976年 現代政治経済研究センター(学部内組織)設置
1978年 現代政治経済研究所発足
1980年 EC(ヨーロッパ共同体)のヨーロッパ資料センター(EDC)の指定第1回EDCセミナーの開催、以後毎年EUシンポジウムないしセミナーを開催
1985年 現代政治経済研究所研究叢書第1号『国と地方』刊行現代政治経済研究所研究ノート刊行開始
1992年 現代政治経済研究所ワーキング・ペーパー刊行開始
1993年 国際シンポジウム「貿易摩擦の政治経済学」開催
1996年 宇垣一成関係文書刊行
1996年 現代政治経済研究所Studies第1号刊行Current Issues in Economic Efficiency
1997年 八田嘉明文書目録出版
2000年 大山郁夫関係資料目録出版
2003年 EU代表部と共催で現代政治経済研究所25周年金シンポジウム開催
2004年 政治経済学術院発足 学術院附置研究所となる
2006年 ヨーロッパ資料センター(EDC)、EU情報センター(EUI)に名称変更
2008年 現代政治経済研究所30周年記念シンポジウム開催
2009年 名古屋大学エコトピア科学研究所と研究連携協定調印「エコトピア指標開発」の開始
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる