Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

About the Institute

研究所について

From the Director

所長挨拶

現代政治経済研究所所長 野口 晴子

 

1978年に設立された早稲田大学・現代政治経済研究所(WINPEC, Waseda Institute of Political Economy)は、現代社会が直面している課題を学際的に研究分析し、将来社会も見据えた有意な政策を提言すべく活動しています。本研究所は政治経済学術院の附置研究所という位置づけではありますが、早稲田大学全体の政治学・経済学を中心とする社会科学研究の拠点(ハブ)としての役割を担っています。また、ジャーナリズム業界に対する実務人材の輩出と、マス・コミュニケーション研究に対する、本学の長い伝統を継承し、メディアにおけるその時々の課題を、政治学・経済学の視点から分析することにも注力してきました。

 

近年は、国内外の他の研究機関との連携を深めながら、人間社会の「現在」と「過去」をみつめ、「未来」を志向するサステイナビリティ学の創世を目指す研究を行っています。「現在」については、市場と民主主義・ソーシャルネットワークと社会関係資本・環境エネルギー・医療・開発・教育や人事など、文理融合かつ学際的な視点が欠かせない重要課題に取り組んでいます。「過去」については、プランゲ文庫など膨大な戦後史資料の収集分析をはじめとする伝統的な歴史研究を礎に、グローバル・ヒストリーの観点からの新たな歴史研究を展開しています。こうした研究の更なる深化と発展のため、現在、本研究所では、学内外の研究ネットワークの構築や若手研究者の養成と研究能力の向上などに貢献するべく、様々な改革が行われているところです。

 

本研究所の研究活動は、主として、政治経済学術院の専任教員が主催する研究プロジェクトをベースに推進されてきました。これまで本研究所が携わった大型プロジェクトとしては、専任教員と大学院生が主力メンバーとなり新しい政治経済学の構築を目指して取り組んだ、文部科学省GCOEプロジェクト「制度構築の政治経済学」(2008-2013)、私立大学戦略的研究基盤形成支援事業として活動を開始した「実証政治経済学研究拠点(CPPE, Center for Positive Political Economy)」(2014-2019)などがあり、現在は、早稲田大学・スーパーグローバル大学創成支援(SGU)・実証政治経済学拠点(2016-)と相互に連携をとりながら、様々な教育研究活動を行っています。

 

本研究所では,定期的に開催される4分野での研究セミナー(Microeconomics,Macroeconomics, Empirical/Positive Political Science, Empirical Microeconomics)、公開講演会、シンポジウムやワークショップなどが活発に行われています。これらの研究会合は、可能な限り学内外の人々に開かれていますので、参加ご希望の場合は本研究所までお問い合わせください。各研究プロジェクトの研究成果は、WINPECワーキングペーパー、研究ノート、研究叢書などの形で発信されています。加えて、本研究所では、政治・経済に関わる内外の研究雑誌ならびに情報、マス・コミュニケーション、ジャーナリズム、世論調査等の資料、世界の新聞資料を豊富に所蔵しております。EU関係の資料やデータを直接に入手できる「EU情報センター(EUI)」の指定も受けています。これらの資料の利用も歓迎いたします。

 

設立から40年以上が経過した本研究所は、早稲田大学のみならず日本の政治経済研究の中心的な拠点となるよう、スーパーグローバル大学創成支援(SGU)「実証政治経済学拠点」と連携しつつ、政治学・経済学の基礎研究、そして、リアルワールドに資する科学的根拠を創出する応用研究の両面で、これまで以上にさまざまな研究活動に挑戦したいと考えています。

 

2020年9月21日

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる