Waseda Institute of Political Economy早稲田大学 現代政治経済研究所

News

11月14日現政研セミナー(Nicole Darnall先生)のご案内 the WINPEC Seminar on November 14th.

11月14日(火)に行われます、現政研セミナーの日程、場所などにつきましてご案内申し上げます。

【日 時/TIME】11月14日(火)10:40~12:10

14th, November Tuesday, 10:40-12:10

【場 所/Venue】早稲田大学 早稲田キャンパス3号館10階 第一会議室

The meeting room (conference room) #1, BUILDING 3 – Floor 10.

【報告者/Presenter】 ニコール・ダーナル教授、

Nicole Darnall (Professor of Management and Public Policy, School of Public Affairs, Arizona State University)   Abe Fellow

【BIO/略歴】Nicole Darnall is Professor of Management and Public Policy in the School of Public Affairs & the School of Sustainability at Arizona State University (ASU), Associate Director of the Center for Organizational Research and Design at ASU, and team leader for ASU’s Sustainable Purchasing Research Initiative. During 2017-2019, Professor Darnall is a Social Science Research Council Abe Fellow visiting Waseda University and a visiting scholar at the Research Institute of Environmental Economics and Management. Her research investigates non-regulatory governance as it relates to global sustainability to determine whether the absence of state coercion, combined with appropriate incentives, can encourage organizations and individuals to be more environmentally sustainable.

【タイトル】Ecolabel Credibility and Sustainable Purchasing

【Abstract】

Ecolabels are designed to help consumers identify environmentally superior products and services, however, they are not all created equal. Some ecolabels have strong rules that promote environmental improvements, while others have weaker rules that permit free-riding. Since information about ecolabel design and rule strength is typically not readily available at the point of purchase, consumers struggle to differentiate stronger ecolabels from weaker ones. This research presents the results of two papers. The first considers how consumers’ trust of ecolabel sponsors may be associated with their purchase of ecolabeled products and how third-party certification might relate to consumers purchasing decisions when trust varies. Drawing on cognitive theory, and a stratified random sample of more than 1,200 consumers, we assess how third-party certification relates to consumers’ use of ecolabels across different program sponsors. The second paper investigates whether ecolabel sponsorship is a signal that can help consumers distinguish among ecolabels according to the quality of their institutional design. Using data for 189 prominent ecolabels, we find that the strength of these rules varies across labels according to sponsoring organization. Independent sponsors have the strongest ecolabel rules, followed by governments. Industry sponsored ecolabels have the weakest rule structures. Taken as a whole, the findings of both papers suggest that consumers discriminate among ecolabels appropriately and that sponsorship may signal to consumers important information about whether an ecolabel is designed with rules that effectively condition firms to promote environmental performance outcomes.

 

【日本語要旨】

エコラベルは、消費者がどの製品やサービスがより環境に配慮したものであるかを見分けやすいように設計されたものであるが、すべて同じように作られたわけではない。ルールが厳格で環境の改善を促すようなエコラベルもあれば、フリーライドを許容するような緩いルールのものもある。一般的に、エコラベルの設計とルールの厳格さに関する情報は購入時に容易にわかるものではないので、消費者は、より厳格なルールを持つエコラベルとそうでないエコラベルを見分けるのに苦労する。本研究では2つの論文の結果を示す。1つ目の論文では、消費者のエコラベルのスポンサーへの信頼が、エコラベル付き製品の購入とどのような関連があるのか、信頼が変化するときに第三者認証が消費者の購入決定とどのような関連があるのかを考察する。認知理論と層化抽出された1200人以上の消費者を利用して、プログラムスポンサーが異なるエコラベルの消費者による利用とどのように関連しているか評価した。2つ目の論文では、エコラベルのスポンサーが、消費者がエコラベルに関する制度設計の質に基づいてエコラベルを見分けるのを手助けするシグナルとなっているか検討した。189個の有名なエコラベルのデータを利用して、スポンサー組織によって、エコラベルのルールの厳格さが異なることを発見した。独立系のスポンサーのエコラベルが最も厳しいルールを持ち、その次は政府がスポンサーのエコラベル、産業界がスポンサーのエコラベルはルールが最も緩い。全体的には、両論文の分析結果は、消費者は適切にエコラベルを識別していること、企業に環境パフォーマンスを改善することに当たり前のものとするのを念頭にエコラベルが設計されているかについて、スポンサーは重要な情報を消費者に示している可能性を示唆している。

 

【使用言語/languege】 英語/English

 

【招聘教員/Organizer】 有村 俊秀/Prof. Toshide Arimura

 

 

現政研セミナーは広くみなさまにひらかれたセミナーです。

皆様の御参加をお待ちしております。

We encourage your participation.

 

現代政治経済研究所

所長 清水和巳

幹事 鎮目雅人 高橋百合子

http://www.waseda.jp/fpse/winpec/

 

 

Waseda Institute of Political Economy(WINPEC)

Director  Kazumi Shimizu

Secretary  Masato Shizume  Yuriko Takahashi

http://www.waseda.jp/fpse/winpec/en/

 

 

 

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fpse/winpec/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる