Institute for Advanced Studies in Education早稲田大学 教育総合研究所

About the Institute

研究所について

From the Director

所長挨拶

 

Prof. Machida  教育総合研究所所長 町田 守弘

情報化・国際化がますます進展してきわめて多様な価値観が交錯する現代社会の中で、「教育」の真価が厳しく問われています。特に「総合」的な視野から広く教育の今日的な課題をとらえつつも、明日の教育をどうするのかという具体的な実践に関わる取り組みが求められていると思います。そのような取り組みを目指して、早稲田大学教育総合研究所では様々な活動を展開してまいりました。

本研究所は1986年4月に教育学部の教育総合研究室として出発しましたが、1998年9月に全学的な規模の教育総合研究所に改組されました。研究室の設立からすると、はや30年以上の歴史を刻んできたことになります。その成果をしっかりと受け継ぎつつも、今日的な課題を視野に収めた効果的な研究を推進しなければなりません。

本研究所の主な活動は、講演会・シンポジウム・研修会等の開催、研究部会の推進支援、「所報」「早稲田教育評論」「早稲田教育叢書」「早稲田教育ブックレット」等の刊行物の編纂・発行となっております。特に研究部会の活動は他の事業とも密接に関連するもので、毎年1月末には当該年度に活動したすべての部会がその成果を公表する「公開研究発表会」が開催されます。研究所の活動の成果および今後の企画等に関しては、このホームページでも発信しておりますので、ご関心のある企画にはどうぞご参加ください。

本研究所は、副所長の佐藤隆之教授ならびに管理委員および運営委員(総務部会・編集部会)、そして事務局の連携・協力によって運営されています。そして、教育に携わる方々、教育に関心を抱く方々の積極的な参画を期待しております。多くの皆さまのご支援・ご協力によって支えられている本研究所を、今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/fedu/iase/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる