Waseda University Archives 早稲田大学 大学史資料センター

Services

利用案内

Regulations

利用案内・規則等

資料利用内規

早稲田大学大学史資料センターは、2007年6月、新たな公開基準を含む資料利用内規を策定しました。この公開基準は、早稲田大学の「個人情報の保護に関する規則」の理念を尊重し、個人識別情報やプライバシーに充分配慮した内容となっています。

資料利用内規は、大学史資料センターが所蔵する全ての公開資料に適用されます。

資料閲覧の手続き

必ず事前にお申し込み下さい

大学史資料センターは閲覧スペースが限られています。また、資料利用内規に基づく個人情報等の確認作業のため、資料の出納には相当の日数を要します。したがって、基本的にお申し込み当日の閲覧はお断りしています。お申し込みは余裕をもって行なっていただくよう、お願い申し上げます。

なお、歴史資料の解読・調査・鑑定は行いません。

閲覧のお申し込み

資料の閲覧を希望される場合は、以下の手順でお申し込み下さい。

所蔵資料目録から閲覧を希望する資料を確定し、〔様式1:閲覧申込書〕に必要事項を記入の上、大学史資料センターまでご送付下さい。

閲覧資料の複写を希望される方は、〔様式2:複写申込書〕をご提出頂きます。複写申込書のご提出は閲覧時でも結構です。

所蔵資料目録は、本サイト掲載の目録や、過去の紀要に掲載された細目をご参照下さい。また大学史資料センターに備え付けられている目録もご利用いただけます。

大学史資料センターの担当者は、お送り頂いた閲覧申込書に記載された資料について、閲覧可能かどうかを資料利用内規に基づいて確認します。

特に、資料が内規の定める個人情報等を含む場合は、当該部分に限り必要な処置を施します。また全般にわたって個人情報等を含む資料の場合は、閲覧をお断りする場合もあります。

大学史資料センターは数万点を超える歴史資料を所蔵しています。これら全ての資料に含まれる個人情報等の有無を事前にチェックすることは物理的に困難です。したがって、所蔵資料に含まれる個人情報等については、閲覧のお申し込み後にチェックを行います。

個人情報等の確認後、担当者からご連絡をさしあげますので、閲覧日時についてご相談ください。

来館と閲覧

「開室・閲覧日程」をご覧下さい。

資料の掲載

センター所蔵資料の出版物等への掲載につきましては、所定の手続きの上、無料でご利用いただけます。ただし、企画の趣旨内容によっては、掲載をお断りする場合もあります。また、無断で使用された場合には、法的な手段を含めた措置を講じる場合もあります。

1. 申請書の提出

掲載を希望する資料を確定した上で下記3点の書類を同封し、郵送して下さい(FAX・電子メール不可)。

(1) 〔様式3:出版掲載等利用承認申請書〕

〔記載例1:所蔵資料(データベース)〕

〔記載例2:学内刊行物の転載〕

(2) 申請書の内容を補足するような企画書、或いは申請資料掲載箇所のイメージ

(書籍等紙媒体であれば該当ページ、ネット等電子媒体であれば該当記事)

(3) 切手を貼った返信用封筒

 

出版掲載等利用承認申請書の「申請責任者」には組織代表者名を記入し、申請印には代表印を押印して下さい。また、当該申請書の下記の項目につきましては、以下のようにご記入ください。

「資料群名・資料名」

→所蔵資料(データベース)の場合)

「資料郡名」、「id (資料№)」、「資料名」を記入してください。

例:写真データベース、id 0018、大隈邸宅

→学内刊行物の転載の場合

「掲載誌名」、「巻号」、「刊行年」を記入してください。

例:早稲田ウイークリー、1249号、2011年

 

「利用部分」→資料の具体的な利用部分を記入してください。

例:(写真資料の場合)全体、○○の部分をトリミングして使用

(冊子体資料の場合)資料の掲載ページ

「利用形式」→資料の具体的な利用方法を記入してください。

例:出版物掲載、パネル展示、ウェブサイト掲載

 

2. 申請後のスケジュール

申請内容を審査した後、承認の可否について担当者よりご連絡します。

申請から審査の完了まで、2~3週間程度を要します。時間的な余裕をもってお申込み下さい。特に、大学の夏季・冬季・春季休業期間には、通常以上のお時間を頂戴する場合もございます。

実際のご利用までに手続きが完了しない場合にも、当センターでは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。

申請書に記載された目的以外での使用を禁じます。再販等の場合は、改めて申請書を提出して下さい。

資料の放映

センター所蔵資料のテレビ等での放映につきましては、所定の手続きの上、無料でご利用いただけます。ただし、企画の趣旨内容によっては、放映をお断りする場合もあります。

また、無断で使用された場合には、法的な手段を含めた措置を講じる場合もあります。

1. 申請書の提出

放映を希望する資料を確定した上で、下記3点の書類を同封し、郵送して下さい(FAX・電子メール不可)。

〔様式3:出版掲載等利用承認申請書〕

・申請書の内容を補足するような企画書

・切手を貼った返信用封筒

 

出版掲載等利用承認申請書の「申請責任者」には組織代表者名を記入し、申請印には代表印を押印して下さい。また、当該申請書の下記の項目につきましては、以下のようにご記入ください。

「利用部分」→資料の具体的な利用部分を記入してください。

例:(写真資料の場合)全体、○○の部分をトリミングして使用

(冊子体資料の場合)資料の掲載ページ

「利用形式」→資料の具体的な利用方法を記入してください。

例:テレビ放映、販売用DVD

当該申請書の下記の項目につきましては、以下のように読み替えて下さい。

「著者名・編者名」→制作会社等

「発行予定部数」→テレビ放映等の場合、空欄で結構です

「頒布予定価格」→テレビ放映等の場合、空欄で結構です

「出版物等における該資料の使用割合」→資料のおおよその放映予定時間(分・秒)

 

2. 申請後のスケジュール

申請内容を審査した後、承認の可否について担当者よりご連絡します。

申請から審査の完了まで、2~3週間程度を要します。時間的な余裕をもってお申込み下さい。特に、大学の夏季・冬季・春季休業期間には、通常以上のお時間を頂戴する場合もございます。

実際のご利用までに手続きが完了しない場合にも、当センターでは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。

申請書に記載された目的以外での使用を禁じます。再放映等の場合は、改めて申請書を提出して下さい。

資料の寄贈

大学史資料センターでは大学関係者に関する資料を積極的に収集しております。詳しくは〔資料のご寄贈について〕をご覧下さい。

資料のご寄贈を希望される方は、〔様式5:資料等寄贈申込書〕をご提出頂きます。

大学史資料センターにて申込み内容を確認した後、寄贈受入の可否について担当者からご連絡をさしあげますのでご諒解下さい。

規則

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/archives/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる