Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【富岡コレクション展】青磁・白磁と単色釉磁(2021年7月8日(木)~9月30日(木))

基本情報

  • 会期
    2021年7月8日(木)~9月30日(木)
  • 時間
    10:00~17:00
  • 休館日
    7月14日(水)21日(水)~23日(金・祝)28日(水)31日(土) 8月全日 9月1日(水)4日(土)5日(日)8日(水)11日(土)12日(日)15日(水)18日(土)19日(日)22日(水)23日(木・祝)26日(日)29日(水)
    詳細はこちら
  • 会場
    會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室
  • 入館料
    無料

概要

富岡重憲コレクションの中国陶磁の特色として、清代の淡色釉の作品が多いことが挙げられます。清代の官窯ではさまざまな釉薬を復活または開発していますが、例えば北宋の汝官窯(じょかんよう)青磁を写した雍正(ようせい)年(1723~1735年)製の青磁管耳六角瓶(かんじろっかくへい)など、当コレクションの陶磁にその一端を見ることができます。

また南宋から元にかけて浙江省の龍泉窯で焼かれた、わが国で砧(きぬた)青磁とよばれる透明感のある淡い青緑色や、明代に龍泉窯で焼かれ天龍寺船によって運ばれたという天龍寺青磁と称する沈んだ青緑色の作品も含まれています。

この展覧会では、淡い水色から緑がかった青まで、さまざまな色合いの青系統のうわぐすりがかかった壺や瓶を中心に、宋から清の青磁と白磁、清の単色釉磁器を展示します。

展示作品(一部紹介)

 

Dates
  • 0708

    THU
    2021

    0930

    THU
    2021

Place

會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室

Tags
Posted

Thu, 25 Mar 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる