Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【企画展】受贈記念 コレクター寺田小太郎―難波田龍起、相笠昌義を中心に―(2021年5月17日(月)~7月30日(金))

基本情報

  • 会期
    2021年5月17日(月)~7月30日(金)
    前期:5月17日(月)~6月22日(火)  後期:6月28日(月)~7月30日(金)
  • 時間
    10:00~17:00
  • 休館日
    6月2日(水)9日(水)16日(水)23日(水)~27日(日)30日(水)
    7月7日(水)14日(水)21日(水)~23日(金祝)28日(水)
  • 会場
    會津八一記念博物館 2階 グランド ギャラリー(常設・企画大展示室)
  • 入館料
    無料

※本企画展は2020年度に予定されておりましたが、新型コロナウイルス感染症対策による休館のため、2021年度に順延となりました。

概要

当館は2010年と2019年に故寺田小太郎氏(1927-2018)のコレクションから合計150余点の作品をご寄贈頂きました。これを記念し、展覧会を開催致します。

1987年頃、寺田氏は新宿区の再開発に伴い創設されることとなった東京オペラシティ アートギャラリーへの寄贈を目的として、作品の収集を始めました。画家難波田龍起(1905-1997)の作品と出会ったことで「東洋的抽象」という収集方針が形成されますが、寺田氏の興味が一つ所に留まることはなかったようです。「日本的なるもの」、「人間とは何か」という問いを根底におきながら、自らの考えに基づいて作品の収集を続けました。最終的にそのコレクション総数は約4500点に上るといわれています。

本企画展では、難波田龍起、その次男である史男、そして、相笠昌義の作品を中心に、加納光於、鈴木竹柏、村上友晴、李禹煥など寺田氏が収集した幅広い作家たちの作品約100点を展示します。また、寺田氏の周囲にいた方々の話を共に紹介することで、コレクター寺田小太郎の一端に触れたいと思います。

展示作品(一部紹介)

 

Dates
  • 0517

    MON
    2021

    0730

    FRI
    2021

Place

會津八一記念博物館 2階 グランド ギャラリー

Tags
Posted

Wed, 23 Dec 2020

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる