Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

【2018年1月20日まで】會津八一記念博物館

特別展示「名著大作」扁額

昔

図書館として利用されていた頃の2号館

今

現在の2号館

本建物(2号館)は当初、図書館として建てられたものです。現在の常設展示室はかつて大閲覧室として使用されていました。図書館にきた学生たちはこの「名著大作」額に迎えられ閲覧室に入ったことになります。

1998年に博物館としてリニューアルされて以来、會津八一の学問理念である「実學論」の扁額がここには掲げられていますが、このたび、特別展示として26年ぶりに「名著大作」額を展示いたしました。

この「名著大作」という4文字は、中国山東省の名山として有名な泰山のふもとの磨崖に刻まれた「金剛経」の拓本から集められたものです。1文字が30センチ四方もあり、北斉(6世紀)頃に彫られたものとされています。

明治36年、漢学者の松平康國本学教授(18631945) は、中国山東省に滞在し泰山に登り、その際に「金剛経」拓本を入手しました。帰国後、当時の図書館長であった市島謙吉(春城)に帰国土産としてこの拓本を 渡したところ、市島は非常に喜んだと言います。図書館に掲げる額を探していた市島は「金剛経」の中から苦心して図書館にふさわしい言葉を探しだし、額装し て飾りました。この文字の書き手は不明ですが、おおらかで気宇壮大な趣をたたえた書といえましょう。

  • 期間
    ~2018年1月20日(土)
  • 会場
    早稲田大学早稲田キャンパス2号館 會津八一記念博物館2Fホール
  • 時間
    10:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 今年度の開館日はこちらから
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる