Aizu Museum早稲田大学 會津八一記念博物館

News

ニュース

茶の道具

 

「雲鶴茶碗」

「雲鶴茶碗 銘〈栗〉」朝鮮時代

「備前茶入霜夜小」

「備前茶入 銘〈霜夜〉」伊部手 江戸時代初期

展示情報

  • 会期
    2017年3月1日(水)~4月28日(金)
  • 会場
    會津八一記念博物館1F 富岡重憲コレクション展示室
  • 時間
    10:00~17:00(入場は16:30まで)
  • 閉館日
    日曜・祝日
  • 休日開館日
    3月26日(日)、4月2日(日)
  • 入館料
    無料
  • ギャラリートーク
    3月4日(土)13:00~13:30
    都合により中止させていただきます。
    誠に申し訳ございません。

概要

富岡氏は「茶を喫するためには茶碗と茶筅(ちゃせん)があればよい」と言っていたそうです。そのためか茶道具の中では茶碗の数が多く、計50碗余をあつめています。この茶碗の中から、江戸時代前期の茶人・久田宗全(ひさだそうぜん)(1647-1707)や楽家(らくけ)六代の左入(さにゅう)(1683-1739)の作を含む和物茶碗、禾目天目(のぎめてんもく)などの唐物(からもの)茶碗、三島(みしま)や井戸(いど)とよばれる高麗(こうらい)茶碗を合わせて20点ほど選びました。それに烏丸光広(からすまるみつひろ)(1579-1638)作の茶杓(ちゃしゃく)、茶入(ちゃいれ)と中次茶入(なかつぎちゃいれ)、釜に水指(みずさし)、竹や古銅の花生(はないけ)、床を飾る軸物等、さまざまな道具を添えて展示します。

展示作品

陶磁B112_禾目天目茶碗_小2

「禾目天目茶碗」南宋時代

陶磁A094_黒筒茶碗比丘久田宗全

久田宗全作「黒筒茶碗 銘〈比丘〉」

烏丸光広「竹茶杓」

烏丸光広作「竹茶杓 銘〈松露〉」

出品リスト

Dates
  • 0301

    WED
    2017

    0428

    FRI
    2017

Place

會津八一記念博物館1F 富岡重憲コレクション展示室

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる